1. HOME
  2. 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
  3. 第3回『仙石原の月』
仙石原の月
    1. 特集
  • 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
    第3話『仙石原の月』

    1. LINEで送る

《1》

山あいの緑は、昨日の雨粒をまだ残して、きらきらと輝いている。

前に走り出したと思った電車が、停車すると、今度は逆戻りし始めた。

「あらあら。どうしたのかしら」

絵津子が荷物に手を置いたまま首をひねって窓の外を伺う。宏之もゆっくりその景色を追って、言った。

「スィッチバックと言ってね。急斜面だから、行きつ戻りつしながら上がっていくんだよ」

箱根登山鉄道について、インターネットで調べに調べてきた宏之は、これを楽しみにしていたのだが、あえて平然とした顔をした。

「へーえ。そうなの。すごいわねえ」

そう言いながら、絵津子はまだ窓の外を見ている。その横顔を、宏之はふっと見入った。
束ねた髪の、こめかみの白髪。黒目がちの目尻に刻まれたしわ。それはそうだろう、ふたりは同い年の60歳だ。大学を卒業して2年ほどで結婚したから、今年で35年、一緒にいることになる。
そしてそんな妻の口元を見て、呆れたように言った。

「なんだ、人を食ってきたような口だな」

「…」

まあ、とも、ひどい、とも言わず、絵津子は唇を上下に合わせて宏之を軽くにらんだ。

昨日、久しぶりの夫との旅行に、久しぶりに買った新しい口紅だった。

「また赤がトレンドなんですよ」と、たまプラーザのデパートの美容部員が勧めるままに買った、朱がかった赤の口紅は、いつも化粧っ気のない絵津子には確かに少し浮いていた。

「…だって」

久しぶりにきれいに見せたいと思った自分を、絵津子は少し後悔した。聞こえないようなため息をつくと、それでも心の底にまだわくわくした気持ちがあることに気づいた。

宏之は何度か目のスィッチバックに楽しげに体を揺らしていた。

  1. 1/4

先週の人気記事

最新記事

  • バックグラウンド・インタビュー第12回

    更新日:2017年12月11日

  • 世界で最初のクリスマスプレゼントはアロマ!?

    更新日:2017年11月29日

  • スペシャルインタビュー第16回

    更新日:2017年11月24日

  • 長編小説第5回

    更新日:2017年11月22日