1. HOME
  2. 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
  3. 第5回『白トリュフとウォッカのスパゲッティ』
白トリュフとウォッカのスパゲッティ
    1. 小説
  • 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
    第5回『白トリュフとウォッカのスパゲッティ』

    1. LINEで送る

《1》

 夜中の青山のカフェで飲んでいたとき、ベルリンに行こう、と言いだしたのはえんちゃんだった。

「いよいよゲイパレードにでも出るの?」

 エリコが顎を突き出して言うと、えんちゃんはぴしゃりと言った。

「違うの。元カレに会いたいの!」
「えっ、元カレ、ドイツ人なんだ」
「そうよ。キスの邪魔になるくらい、鼻が高かったわ…」
「…はあ」

 えんちゃんの名字が「園田」だったか「園山」だったか、1年も友達でいるのに、エリコは時々忘れる。
 彼は短髪で中肉中背。清潔感があってなかなかいい男だ。いつもイタリア風のシャツとスーツ。夏場は薄いブルーのスーツに白いTシャツで、麻のポケットチーフ、素足にベージュのヌバックのローファーなんていうスタイルで、メンズ・ファッション誌のスナップに載った。
 コンサルタントをしていて、ピアノがうまくて、哲学に詳しくて、半蔵門の広いマンションに、今は一人で住んでいる、エリートなゲイだ。

 エリコは彼とどこで知り合ったのか、もう忘れてしまった。たぶん丸の内の外人が集うバーで、お客の友達の友達だった気がする。
 出会ったとき、エリコは同じ銀行に勤める彼氏と別れたばかりで、それを言うと、えんちゃんは大声で笑った。

「週に1回会うか会わないかだった? あんた、それ、付き合ってなかったのよ」
「そんなことないわ。うち、忙しいのよ。外資だから。向こうから早朝連絡が来るから、8時前には席にいないといけないし、夜だって接待だらけだし」
「ばかねえ」

 えんちゃんは可哀想なものを見る目でエリコを見た。

「大好きだったら一緒に住むわよ」
「…」
「他にもいたのよ。別れたのも、そういうことでしょう」
「…」

  

 エリコが図星すぎて何も言えないでいると、えんちゃんは冷たい横顔でシャンパンをひと口飲んだ。

「ずばずば言ってごめんね。でも早くわかってよかったじゃない。… あんた美人だからまだまだ次がいるわよ。ちょっと顎が尖ってるけど。…でも美人ってね、だいたい孤独ね。だいたい残念なのよね」

 それから二人はよく飲むようになった。えんちゃんとエリコが一緒にいると美男美女のカップルに見えた。

白トリュフとウォッカのスパゲッティ①

  1. 1/4

先週の人気記事

最新記事

  • バックグラウンド・インタビュー第12回

    更新日:2017年12月11日

  • 世界で最初のクリスマスプレゼントはアロマ!?

    更新日:2017年11月29日

  • スペシャルインタビュー第16回

    更新日:2017年11月24日

  • 長編小説第5回

    更新日:2017年11月22日