1. HOME
  2. バックグラウンド・インタビュー「香を紡ぐ」
  3. 第6回:西村早苗さん(ペットアロマセラピスト、ジアスセラピストスクール校長、『アロマワン!』プロデューサー)
第6回 西村早苗さん
    1. 特集
  • 香りを紡ぐ人びと
    第6回 西村早苗さん
    (ペットアロマセラピスト、ジアスセラピストスクール校長、『アロマワン!』プロデューサー)

    1. LINEで送る

日本のイヌたちはストレスフル

アロマオイルでマッサージされて気持ちがいいのは人間だけではありません。もともと親子二代のアロマテラピストだった西村早苗さんは、ある時期から、イヌへのアロマテラピーを考えだしました。

「私は実際にイヌを飼っていたこともあり、最初はそのノミやダニなどの害虫予防の意味もあったのです。それから、日本のイヌたちが狭い家のなかで飼われてすごくストレスがかかっている状態も、アロマでケアできるのではないかと思うようになりました」

しかし嗅覚が優れているイヌたちにとって、アロマの香りは強すぎないのでしょうか。

「イヌの嗅覚は香りの判別能力に長けています。香りの強弱には問題がないようです。天然のエッセンシャルオイルの香りは嫌がらないですね。むしろ、化学的に合成された香りは嫌がりますね。」

小型犬は前側、大型犬は後ろ側が凝りがち

西村さんは東京・西麻布でイヌたちへのセラピーを行う生徒を育成するジアスセラピストスクールを主宰しておられます。
実際に、生徒の呉紀子さんを指導する様子を見せていただきました。
呉さんの愛犬はノアちゃん、6歳。

「全身を触りながら、その仔の体の張っているところを見つけてほぐしていきます。この仔は走るのが好きで、昨日も大きな公園で2時間ぐらい走ったので、太腿が凝っています。ほうっておくと、胸のあたりの筋肉までカチカチになっちゃう。若いイヌも若いなりに、運動をしたらほぐしてあげないと、どんどん動きも悪くなるんですよ」

なるほど、マッサージしてもらっているイヌはとても気持ちよさそう

「精神的にもかまってもらっていることがわかっているような気がします。飼い主の自己満足かもしれませんが、マッサージを習慣づけていくと、お散歩したときの反応も違うような気がするのです」

いえいえ、リアルに拝見していて、気持ちよさそうです。

  1. 1/2

先週の人気記事

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第25回 田村麻子さん

    更新日:2018年7月3日

  • スペシャル・インタビュー 第24回 売野雅勇さん

    更新日:2018年6月11日

  • スペシャル・インタビュー 第23回 藤原道山さん

    更新日:2018年5月18日

  • 長編小説第10話

    更新日:2018年5月14日

  • スペシャル・インタビュー 第22回 里アンナさん

    更新日:2018年5月7日

  • スペシャル・インタビュー 第21回 春風亭昇太さん

    更新日:2018年5月2日