1. HOME
  2. FragColumn
  3. 香りと記憶の関係-「プルースト効果」-
    1. コラム
  • 香りと記憶の関係-「プルースト効果」-

    1. LINEで送る

そろそろ夏も終わりに近づき、哀愁ただよう季節がやってきますね。解放感のあふれる夏とは異なり、物寂しい気持ちになったり、昔を懐かしんだりするような気持ちになることも多いと思います。秋の風に乗ってきた香りに記憶を呼び戻されたことはありませんか?実は香りは「記憶」と大きく関係しているんです。

香りで記憶がよみがえる~プルースト効果~

香りは、鼻から嗅上皮、嗅細胞、嗅球、大脳辺縁系の順番で脳に伝わっていくと言われています。大脳辺縁系とは、食欲や意思、感情など本能や自律神経、記憶をつかさどる働きをしています。その中に海馬という記憶をつかさどる部分があります。
大脳辺縁系に働きかけるのは五感の中でも嗅覚だけなのです。視覚や聴覚は、大脳辺縁系を通らないのです。嗅覚は記憶とつながる唯一の五感というわけです。

香りと記憶のこの関係が「プルースト効果」と呼ばれるようになったのは、ある逸話がきっかけでした。文豪マルセル・プルーストの小説「失われた時を求めて」のワンシーンの中に、主人公が紅茶にマドレーヌを浸してその香りを嗅いだ瞬間、幼少期がフラッシュバックするという描写から、作者の名前をとって「プルースト効果」と呼ばれるようになりました。プルースト効果は、無意識的記憶とも呼ばれるそうです。

プルースト効果を活用する方法

「香り」「記憶」「感情」が関係するプルースト効果を活用するには、様々な方法があります。

恋愛での効果

プルースト効果が最も効果を発揮しやすいのが恋愛においてです。ふと街中で香った匂いが昔の恋人を思い出させた、なんて経験がある方は少なくないでしょう。
これから出会う人や好きな人にどう思われたいか、どのような印象で覚えられておきたいかで香りを使い分けるのも有効です。可愛い印象ならフルーティーな香り、落ち着いた印象ならシプレーな香りと自分を香りで印象づけるといいでしょう。

ビジネスシーンでの効果

ビジネスシーンでもプルースト効果を活用できます。お客さんとの商談の時は、清潔感のある真面目な印象の香り、会食のときは柔らかい香りなど、使い分けるのも〇です。

勉強での効果

暗記の際に何か特定の香りを嗅ぎ続けて、その香りを試験本番に衣服にしみこませておけば、香りが暗記の手助けになります。

リラックス効果

旅行や出張先で枕が変わると寝られないなんて方におすすめなのが自分の家の香りを記憶することです。寝室にアロマを置いて、その香りを染みこませたハンカチなどを出先にもっていくと、脳が自宅の寝室を思い出してリラックスして過ごせるかもしれません。

  1. 1/2
フレグラボ公式Twitterを
フォローする

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • ダイエットのお供にー金木犀・コーヒー

    更新日:2021年7月29日

  • スペシャル・インタビュー 第109回:内田輝さん

    更新日:2021年7月27日

  • スペシャル・インタビュー 第108回:野村宏伸さん

    更新日:2021年7月21日

  • ハーブティー、どれを選ぶ?

    更新日:2021年7月16日

  • スペシャル・インタビュー 第107回:服部百音さん

    更新日:2021年7月14日

  • 『香草子』その18「文芸部のヘンな私たち」

    更新日:2021年7月7日

  • スペシャル・インタビュー 第106回:田村直美さん

    更新日:2021年7月2日

  • 自然を感じたい時ーヒノキ・サンダルウッド

    更新日:2021年6月30日