1. HOME
  2. 気分で選ぶ!香りの活用法
  3. 弱気になっている時 ― ローズマリー・フランキンセンス
    1. コラム
  • 弱気になっている時 ― ローズマリー・フランキンセンス

    1. LINEで送る

どんな香りの印象?

ローズマリーはフローラルな香りですが地中海沿岸が原産地の植物で、少しオリエンタルなイメージの香りです。好き嫌いが分かれるイメージを持っている方もいるかもしれませんが、その香りは原産国によって異なるそうです。ラテン語では「海のしずく」といった意味をもっているとか。
フランキンセンスは、乳香という樹木からとれる樹脂を利用した香りです。古代西洋ではよく親しまれていたそうです。その香りは、シトラスの要素も持ちつつ、古代的で落ち着きのある上品な香りです。

使うシーンや季節

ローズマリー、フランキンセンスはどちらも季節を問わず楽しめる香りです。どちらも幅広い効果があるため、気分に寄って使い分けるのをおすすめします。

ローズマリー・フランキンセンスの利用方法

心への作用

〇ローズマリー

ローズマリーは気持ちを高めてくれる効果が期待できます。自信を失くしてしまった時や何も気力が起きない時、ローズマリーの香りで気分を上げてみましょう。

〇フランキンセンス

フランキンセンスは、イライラしている時や感情の行き場が分からない時、心を穏やかにしてくれる効果が期待できます。集中力を高めたい時にもおすすめなので、ヨガや瞑想時にも良いかもしれませんね。

身体への作用

〇ローズマリー

血行促進が期待できます。集中力を高めたい時や頭痛・肩こりで悩んでいる方はリフレッシュにローズマリーを取り入れてみましょう。

〇フランキンセンス

深い呼吸に導く効果が期待できます。意外と深呼吸は意識しないとできていません。ゆっくり深呼吸できていないと感じた時にはフランキンセンスに助けを求めてみてはいかがでしょうか。

  1. 1/2

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第80回:庄野真代さん

    更新日:2020年8月4日

  • 食欲がわかない時 ― オレンジ・レモン

    更新日:2020年7月29日

  • 『香草子』その7「キンカチョウのゆくえ」

    更新日:2020年7月22日

  • スペシャル・インタビュー 第79回:松平健さん

    更新日:2020年7月16日

  • デスクワークをアロマでリフレッシュ!

    更新日:2020年7月13日

  • 何もやる気が起きない時 ― ティーツリー・シナモン

    更新日:2020年6月30日

  • 毎朝を気持ち良く!リフレッシュアロマ

    更新日:2020年6月26日

  • スペシャル・インタビュー 第78回:舘野真知子さん

    更新日:2020年6月24日