1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. 第16話 『麻貴の彷徨』
4 LOVE NOTES
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    第16話 『麻貴の彷徨』

    1. LINEで送る

【ここまでのあらすじ】

(詳しくは3話、8話、12話をお読みください)
麻貴はフラワー・アーティストの仕事をしている41歳。7歳年下のピアニスト、篠原翔平と半同棲を続け、とうとう自分から結婚したいと言い出してみたが、翔平はその決断にはどうも踏み切れない。…


《1》

オリエと翔平のライブが終わり、客は三々五々に席を立っていった。
  演奏が終わってもこちらを見ない翔平の様子に、麻貴は立ち上がり、会計を済ませて、店を出た。

外はむわっと暑かった。クールになれない湿気と暑さに、1杯だけ飲んだビールの酔いも手伝って、麻貴はふらふらと信号を渡り、前から気になっていた小さなスペインバルに足を踏み入れた。ライブハウスのあるビルの前からはいつも、その場所がまるで団欒を囲む灯のように見えていた。
  黒い鉄の飾りのある木の扉を開けると、一枚板の古木のカウンターがあり、赤茶色の革がところどころはげた、丸いバースツールが並んでいた。
  麻貴はそのうちのひとつに、這い上がるようにして座った。

 

「サングリアをください」

「白と赤がありますけど」

 

頭はつるつるだが髭をたくわえた逆さ絵のようなマスターが、皿を磨きながら言った。無駄に笑っていないところに、人の良さがにじんでいた。

「赤で」

 

麻貴の頭のなかには、さっき聴いたばかりのオリエの歌と翔平のピアノがまだ鳴っていた。鳴っているのに、それは自分への音ではない気がした。

「このあたりのお仕事場ですか」

 

さかさ絵のマスターは、麻貴の寂しげな表情には触れず、さりげなく聞いた。

「いえ、違うんですけど。ライブを聴きにきてたんです」

 

麻貴は正直に答えた。

「この辺はたくさんライブハウスありますからね」

 

マスターはそう言って、赤いサングリアを氷の入ったグラスに注ぎ、オレンジをひと切れ載せ、こう言ってカウンターに置いた。

「はい。幸せになるサングリア」。

  1. 1/4

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • 「八十八夜」に楽しむお茶の香り

    更新日:2019年4月26日

  • スペシャル・インタビュー 第44回  ミック・イタヤさん

    更新日:2019年4月26日

  • 長編小説第17話

    更新日:2019年4月24日

  • 上品で濃厚な甘い香り-バニラ

    更新日:2019年4月22日

  • 「お香の日」って?

    更新日:2019年4月5日

  • 浄化の力を持つアロマ-ジュニパー

    更新日:2019年4月3日

  • スペシャル・インタビュー 第43回  山本容子さん

    更新日:2019年3月29日

  • スペシャル・インタビュー 第42回  波戸場承龍さん

    更新日:2019年3月27日

  • スペシャル・インタビュー 第41回  南里沙さん

    更新日:2019年3月22日

  • スペシャル・インタビュー 第40回  山下久美子さん

    更新日:2019年3月19日

  • スペシャル・インタビュー 第39回 野月聡さん

    更新日:2019年3月12日

  • 長編小説第16話

    更新日:2019年3月11日

  • 街を香り豊かにする「かおりの樹木225選」

    更新日:2019年3月4日