1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. 第23話 『有紗のクリスマス』
4 LOVE NOTES
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    第23話 『有紗のクリスマス』

    1. LINEで送る

《1》

 ローズマリーとガーリックが焼ける香りがローストチキンから立ち上る。
 クリスマスイブを挟んだ3日間は、ビストロ・ドゥ・ミニヨンが1年で一番忙しい時期だ。おまけにそれが終わると、おせちの仕込みも始まる。
 有紗はまだ乳飲み子の海と莉奈を連日シッターさんに預けなくてはならなかった。それでも洋三と千裕と3人では追いつかないほどやるべきことがある。洋三は神戸から、調理師学校を出て5年になる甥の翔太も呼び寄せた。卒業してからは大阪の和食の店に5年いたが、そこを辞めて次は海外のレストランを目指したいという。その前に少しフレンチかイタリアンで働こうとしていた。
 翔太はカーネル・サンダーズを短髪にして小柄にしたような体型で、黒縁のメガネをかけていた。中学のときはラグビーをやっていたといい、なかなか動きは軽かった。体育会系で育ったからか、和食の店で鍛えられたからか、礼儀正しく、なかなか気の利くところもあった。

 オマール海老のサラダ仕立て、オレンジソース。ビーツのポタージュ。そしてクリスマスといえば、ローストチキン。この店のローストチキンは、たくさんのきのこや栗を詰めてある。その部分も美味しいと評判になった。

 クリスマスイブには未知が、そして翌日のクリスマスには多美子がそれぞれ2名で予約を入れていた。
今日はイブだ。
 有紗は朝からパタパタと動きながらも、基本のベシャメル・ソースを仕込んでいる洋三に語りかけているのか、独り言なのか、こうつぶやいた。

「今日の未知ちゃんは希望さんと来るよね。それで、多美子さんはあの鷲士さんんとかいう人の来るのかな」

「その、ITの会社の男か。付き合うとんか」

 洋三も何気につぶやいた。有紗はきのこのゴミをとったりむしったりしながら答える。

「わからん。一緒に会社をやり始めたからというて、そうとは限らんけど」

 ふうん、と、洋三は小さなため息をついて言った。

「そこに愛はあるのか」

 有紗はふふふ、と笑うと、聞き耳を立てている翔太と千裕に指示した。

「翔太くんはビーツの皮を向いてピューレにしてね。千裕ちゃんは、ケーキのほう、早いとこね」

 二人はあわてて持ち場についた。

  1. 1/4

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • モヤモヤしている時 ― ラベンダー・ネロリ

    更新日:2020年05月26日

  • 香りとAI、どう融合する?

    更新日:2020年5月22日

  • スペシャル・インタビュー 第76回:今道しげみさん

    更新日:2020年5月21日

  • 『香草子』その5「父と旅する」

    更新日:2020年5月13日

  • スペシャル・インタビュー 第75回:戸賀敬城さん

    更新日:2020年5月1日

  • 弱気になっている時 ― ローズマリー・フランキンセンス

    更新日:2020年04月30日

  • 『香草子』その4「白い蛇のいる家」

    更新日:2020年4月24日

  • 頑張りすぎた目の疲れに、癒しのアロマ

    更新日:2020年4月23日