1. HOME
  2. 香草子
  3. その4「白い蛇のいる家」
その4「白い蛇のいる家」
    1. エッセイ
  • その4「白い蛇のいる家」

    1. LINEで送る

●白い蛇と、白い蛙

 毎日通う母方の祖父母の家は、明るかった。工場には何人も人がいたし、“店”と呼ばれる玄関には、いろんな人がやってきたから。
 しかし明治に建てられたその家は、建物自体が、どこか謎をはらんでいた。
 平屋建てで、玄関を入るとまずデスクがふたつと応接セットのある“店”があり、一段上がったところに大きな居間があり、そのまま祖父母の寝室でもある仏間へとつながっていた。居間の奥にまた一段下がった台所とダイニングがあって、その隣に小さな押入れのある小部屋があった。その先がお風呂だった。
 時折、居間の上の天井で、ざあ、ざあ、ざあという、砂をこするような音がした。

「なんの音かな」

 その日のざあざあは、お昼時にみんながご飯を食べてお茶を飲んでいるときに起こった。
 私は天井を見上げた。音は端っこのほうから、部屋の真ん中の上へと移動していく。

 祖母は事もなげに言う。

「みいさんや」

「みいさん、って」

「蛇や」

「えっ」

 私は怖くなって祖母の膝ににじり寄った。しかし、祖父ももう慣れていて「みいさんや、みいさんがいてはんねん」と、歌うように言って工場へ行ってしまった。

 私だけがいつまでも天井を見つめていた。
 祖母が言った。

「今まで何回か、落ちてきたはったこともあるで。白い蛇や。そやから、あそこの神棚で、お祀りしてるんや」

 確かに一角に大きな神棚が吊り下げてあった。ひと月に一度「みいさんの神さん」と呼ばれる巫女らしきおばさんがやってきて、祝詞をあげるのである。

「商売の家にみいさんがいてるというのは、素晴らしく縁起のいいことなのです。この家は商売繁盛でしょう。ありがたいことです」

 そのみいさんの神さんは、怖がる顔をしている私にそう言った。
 蛇は何度か、工場の近くでも発見された。白い蛇だった。私は蛇の姿は憶えていないのだが、縁側の近くで白い蛙を見たことは憶えている。

「おばあちゃん、白い蛙がおった」

「蛇とちごてか」

「うん。白い蛙」

 叔父も白い蛙を見たようだった。

「白い蛇は商売繁盛やったら、白い蛙はなんやろう」

 母が言うと、祖父はにやにや笑って言った。

「白い蛙も神さんや。うちは守られとるんや。よかったよかった」

 一時が万事、そういう明るい結論が出る。もちろん、いいかげんな話ではある。でも、受け入れて、憂えない。それは、生きていく上でどれだけ大事なことか、小さい私にはまだわからなかった。ただ私は、この家がとても安心できたのだった。

  1. 1/3

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • モヤモヤしている時 ― ラベンダー・ネロリ

    更新日:2020年05月26日

  • 香りとAI、どう融合する?

    更新日:2020年5月22日

  • スペシャル・インタビュー 第76回:今道しげみさん

    更新日:2020年5月21日

  • 『香草子』その5「父と旅する」

    更新日:2020年5月13日

  • スペシャル・インタビュー 第75回:戸賀敬城さん

    更新日:2020年5月1日

  • 弱気になっている時 ― ローズマリー・フランキンセンス

    更新日:2020年04月30日

  • 『香草子』その4「白い蛇のいる家」

    更新日:2020年4月24日

  • 頑張りすぎた目の疲れに、癒しのアロマ

    更新日:2020年4月23日