1. HOME
  2. 香草子
  3. その12「お正月の香りは静か」
その12「お正月の香りは静か」
    1. エッセイ
  • その12「お正月の香りは静か」

    1. LINEで送る

●松の香り

 日本のお正月にある香りは、どれも華やかではない。
 しかしそのどれもが、長い間、人に当たり前のように愛されてきた香りだ。

 たとえば、松の香り。
 門松だけでなく、母は必ず松と千両と他に何か赤や黄色の花を飾っていたと思う。昭和40年代、花の種類がさほど多くなかった頃は、それは菊であることが多かった。
 松の種類も黒松しかなかった時代があり、その後しばらくして、大王松がやってきた。
 大王松は葉の部分が長く、ぱあっと末広がりに孔雀の羽のように開く。初めてその松を見たとき、なんて綺麗なんだろうと思った。
 母はそこに赤いチューリップを合わせた。その組み合わせが脳裏に焼き付いていて、私は今も時々やってみる。
 暖房の効いた部屋で、チューリップは開いていき、日光を求めてその茎をくねらせる。その様がどこかなよなよと女性的で、見とれてしまう。

 しかし、大王松にはあまり香りはない。やはり香りで選ぶなら、普通の黒松のほうがいいのかもしれない。
 松の香りはほのかだけれど強くて、すべてを底支えしてくれているような安定感がある。どんな花のことも受け止めて、最後まで枯れない。
 15日を過ぎて、もう正月ではないからと、まだ青々としている松を捨てるのはいつも忍びない。
 ずっと置いておけば、いつまで青々しているのだろうかと、ふと思う。
 時節を味わうこんな贅沢も、SDGsなどと掲げられる世の中には、あまり合わないのかもしれない。
 だがどう考えても、松の香りは正月だけにふさわしい。

  1. 1/3
フレグラボ公式Twitterを
フォローする

スペシャルムービー

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第123回:松本伊代さん

    更新日:2022年1月19日

  • 『香草子』その24「活版印刷の時代」

    更新日:2022年1月18日

  • 暖まりたい冬の夜にージンジャー・シナモンー

    更新日:2021年12月24日

  • お世話になった人へありがとう~冬のおすすめのギフト2021~

    更新日:2021年12月20日

  • スペシャル・インタビュー 第122回:川崎晶平さん

    更新日:2021年12月17日

  • 『香草子』その23「バニラとSAMSALA」

    更新日:2021年12月14日

  • スペシャル・インタビュー 第121回:ぷりあでぃす玲奈さん

    更新日:2021年12月13日

  • スペシャル・インタビュー 第120回:加藤登紀子さん

    更新日:2021年12月3日