フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. 香草子
  3. その12「お正月の香りは静か」
    1. エッセイ
  • その12「お正月の香りは静か」

    1. シェア
    2. LINEで送る

⚫︎おせちの香り

 大晦日は、父がおせちを作るのが、我が家の習わしだった。
 ごまめ、数の子、焼いた海老、大量のお煮しめ。黒い塗りの3段重に詰め切れないほどのものが入っていて、大きな重たいガラスのボールにそれぞれお煮しめとごまめがまだたくさんあった。
 父は丹念に鉄のフライパンでいりこを炒った。

「ポキンと折れるまで炒らなあかんのや」

 そう言って、時々、一匹つまんでは、口に入れた。子どもの私は父が料理する様子をいつも隣で背伸びして見ていた。
 いりこがあったまって、魚の焼ける香ばしい匂いになっていく。
 お煮しめのこんにゃくは、長方形に切って、真ん中に切れ目を入れてくりんと片方をひっくり返すと、両端がねじれた形になる。それが不思議で、目を輝かせると「やってみい」と小さい包丁を渡された。
 真ん中に切り込みを入れ、ひっくり返す。両端がねじれたときの感動は忘れられない。
 やがてそれは、にんじん、ごぼう、大根、蓮根、たけのことともにだしと醤油とみりんでことことと鍋に入る。
 それを3が日、それが野菜源になった。

 元旦の朝、寒い部屋にかつおと昆布のおだしの香りが漂ってくる。
 我が家は大阪であっても、父の好みで澄ましだしのお雑煮だった。
 焼いた丸餅、かまぼこ、三つ葉。鶏肉は母が嫌がるので入っていなかった。
 ひとりひとり、名前の描かれた祝い箸でお雑煮を食べる。
 お屠蘇も少し舐めた。漢方薬の匂いがした。

「うげ。薬みたい」

 私が顔をしかめると、父は嬉しそうに言った。

「薬やから、飲むんや」。

  1. 2/3

最新記事

  • スパイスとお香の香りが混じり合う、モロッコに根を下ろして。
  • 第7回:熊谷直久さん・畑元章さん・小仲正克社長
  • スペシャル・インタビュー 第198回:松尾貴史さん
  • スペシャル・インタビュー 第197回:小谷実由さん
  • 第6回:中原慎一郎さん・小仲正克社長
  • スペシャル・インタビュー 第196回:藤田朋子さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする