フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. 香草子
  3. その31「ユーミンの50年」
その31「ユーミンの50年」
    1. エッセイ
  • その31「ユーミンの50年」

    1. シェア
    2. LINEで送る

●恋愛レッスンとしての歌

 今は「JK」などという言葉もあるようだが、私たちの時代は女子高生で、女子生徒だった。
 私が通っていた中高はカトリック系の女子校で、当時は校則がやけに厳しく、男女交際禁止、アルバイト禁止という見えない鎖があった。
 それでも心は止められるものではない。
 高1にもなると、通学の電車の中で男子校の生徒に名前を聞かれたとか聞いたとか、そんな話があちこちで囁かれた。たとえ片想いであってもデートしなくても、キルティングの布で巾着を作ってプレゼントしたりするのが流行っていた。
 そして、ニューミュージックと呼ばれたJ POPの曲の歌詞などをノートに書きつけては、恋に恋したのである。
 なかでもおませな少女たちに人気があったのがユーミンだった。
 ユーミンは1976年にすでに松任谷由実、になっていた。
 1980年。同じクラスで勉強も運動もできておまけに美人で性格も良いというJさんに勧められて、私も初めて聴いた気がする。

「『14番目の月』、ロマンチックやわ〜。『セシルの週末』も好き」

 Jさんはノートの中のユーミンの詞を見せてくれた。確かにさだまさしや松山千春より相当おしゃれだった。

 ユーミンは’78年に『流線形’80』を、79年に『悲しいほどお天気』をリリースしていた。私は『Destiny』や『ジャコビに彗星の日』のような失恋未練系ソングに惹かれたのだが、Jさんが好きだという歌はもっと大人な恋愛感情をうたった曲だった。

「早く大学生になって、彼氏とスキーに行ったり、夏はサーフィンしたりしたいな」

 そう、恋をしたら、あるいは恋を探しにスキーに行くものだという思想、ユーミンが植え付けたんじゃないかと思うくらい、私たちの世代はスキーが盛り上がっていた。
 運動神経の鈍い私は、スキーとか、サーフィンとか、テニスとかしなければ恋愛ができない世の中が恐怖だった。
 Jさんは『風の中の栗毛』も好きだと言った。変なタイトルだな、と私は思った。

… ある朝、私は光る風にまたがり

 そんな歌詞から始まる。どうやら、栗毛、は、馬のことらしい。
 馬だとは一言も書いていないのに、どう考えても馬で、その歌を聴いた途端、私はその馬にまたがって、朝露の高原を走っている気持ちになれた。
 誰もいない早朝の、澄み切った風の香り、草の香り。馬の滑らかな毛並み。打ち明けてしまった手紙を取り戻そうと一心に走る、真っ直ぐな思い。
 ユーミンの歌詞の世界は恋愛小説のようだった。ひとときそこに入り込み、主人公になってみる体験までできた。
 私たちはユーミンの歌とともに、大人になって行ったのだった。

  1. 1/3
フレグラボ公式Twitterを
フォローする

スペシャルムービー

最新記事

  • 『香草子』その35「土を味わう」

    更新日:2022年12月2日

  • 『香草子』その34「新月の日のラベンダー」

    更新日:2022年11月24日

  • スペシャル・インタビュー 第149回:水晶玉子さん

    更新日:2022年11月18日

  • スペシャル・インタビュー 第148回:クリスチャン・ボラーさん

    更新日:2022年11月11日

  • 禅と香〜鎌倉・浄智寺を訪ねて

    更新日:2022年11月1日

  • スペシャル・インタビュー 第147回:垣花正さん

    更新日:2022年10月31日

  • 「香とくらす」vol.1 花と楽しむ香り(後編)

    更新日:2022年10月24日

  • 『香草子』その33「もてなすしあわせ」

    更新日:2022年10月11日