1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第101回:堂珍嘉邦さん(ボーカリスト・アクター)
今かぐわしき人々 第101回
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第101回:堂珍嘉邦さん(ボーカリスト・アクター)

    1. LINEで送る

 ソロ・シンガーとして活動、川畑要さんとのボーカルデュオ、CHEMISTRYとしては20周年。さらに今秋はミュージカル『ジャック・ザ・リッパー』でのジャック役と、活躍が目覚ましいボーカリスト、堂珍嘉邦さん。ニューシングル『愛の待ちぼうけ』や、そこに収録されているカバー曲『LILAC WINE』への思い入れなど、歌うことへの変わらぬ志を語ってくださいました。

《1》イヌと人間が物語の中で共通の気持ちをもっていて、そこに言葉があった

 安定した心地よい声が、ストリングスの演奏で伸びやかに広がっていくバラード。ニューシングル『愛の待ちぼうけ』は、その歌詞にある寂しさをむしろ慈しむような美しい歌。堂珍嘉邦さんは、この曲を初めて「依頼されて」歌詞を書きました。

「日露共同製作の映画『ハチとパルマの物語』の主題歌として作って欲しいということで、初めてそんな風に依頼を受けてかいた曲です。イヌと少年が主人公ですが、どちらも愛に飢えている存在。出会いと別れ。少年とイヌの絆。イヌと人間が物語の中で共通の気持ちをもっていて、それを言葉にしてみようと思った。そこにはきっと誰にでも共感してもらえるものがあると思ったので」

堂珍嘉邦さん

 共作には映画音楽を数多く手がけて定評のある上田禎さん。2019年以来、堂珍さんのライブでのサポートメンバー。

「東京スカイツリーのプラネタリウムで開催されている、『LIVE in the DARK』というイベントに出演しているのですが、その際、上田さんがキーボード演奏をしてくださっていたのです。映画の主題歌という話をもらった時、すぐ上田さんのところへ行って、一緒に作りませんか、とお願いしました」

 その時、堂珍さんの頭に閃いたのが、ストリングスとの共演。

「ストリングスとの共演はソロになってからは2回目ですが。今はなかなかそこまで贅沢な環境でやれることって少ないですから。でもそこで感じられるストリングスの音の波長や、呼吸を合わせる感じがこの歌にはぴったりでした。格別なものになりましたね」。

堂珍嘉邦さん

  1. 1/3
フレグラボ公式Twitterを
フォローする

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第108回:野村宏伸さん

    更新日:2021年7月21日

  • ハーブティー、どれを選ぶ?

    更新日:2021年7月16日

  • スペシャル・インタビュー 第107回:服部百音さん

    更新日:2021年7月14日

  • 『香草子』その18「文芸部のヘンな私たち」

    更新日:2021年7月7日

  • スペシャル・インタビュー 第106回:田村直美さん

    更新日:2021年7月2日

  • 自然を感じたい時ーヒノキ・サンダルウッド

    更新日:2021年6月30日

  • ジメジメを吹き飛ばす!爽やかアロマグッズ

    更新日:2021年6月24日

  • 『香草子』その17「香りの丘の修道女たち」

    更新日:2021年6月18日