1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第109回:内田輝さん(クラヴィコード作家で奏者、サックス奏者、調律師)
今かぐわしき人々 第109回
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第109回:内田輝さん(クラヴィコード作家で奏者、サックス奏者、調律師)

    1. LINEで送る

 14世紀頃演奏されていたというクラヴィコードは、ピアノの原型とも言える楽器。世界を見渡しても数少ないこの珍しい楽器を自作して演奏しているのが内田輝さんです。もともとは大学でジャズ・サックスを学んでいた内田さんが、どのようにしてクラヴィコードに行き着いたのか。そこにはまっすぐに自らの生き方と音楽を重ねる内田さんの姿があります。

《1》ジャズは素晴らしい。大検をとって音大へ

 見るからに繊細そうな透き通った気配。インタビューのため、品川駅で待ち合わせた内田輝さんは、楽器を持っていなくても音楽をやっているのではと想像できそうな人でした。
 洗足学園音楽大学ではジャズ科を専攻、主にサックスを吹いていたそう。

「最初にサックスを手に取ったのは、姉が吹奏楽をやっていて、使わないサックスが家にあったからでした。僕はそれまで野球をやっていたのですが、高1の時、学校を辞めてしまったんです」

 まず聞き捨てならない人生の始まりが。さて、野球少年だった内田さんが、なぜ学校を辞めたのでしょう。

「まず野球部を辞めたんです。そうしたら仲間の輪から外れて、悶々と学校へ行って家に帰って来る空虚な日々が始まりました。親友と呼べるような友達もいないし、だんだん、学校へ行く意味がわからなくなってしまったんです。時間を浪費しているように思えて」

 とりあえず、6歳上のお姉さまを頼ってアメリカへ。1ヶ月くらい、何もせずに過ごしたある日、内田さんはジャズと出会います。

「シアトルのカフェの片隅で、ジャズを弾いていた人がいたんです。キーボードでした。ああ、かっこいいな、と思いました。ジャズをやってみたい。やるなら音大に行きたい。それで、姉のサックスを手にしたわけでした。勉強の方も、大検(大学入学資格検定)をとって、音大の教授に演奏技術、音楽理論を習いました」

 思い立ってから1年半ほどで、音大受験。それに合格してしまったのだからすごい。

「ちょうどジャズ科が短大から4年生になったところだったんです。洗足は柔軟な学風で、何かが生まれそうな場所だと思いました。クラシックだけの音大とは違って、いろんな先生にも出会えましたね」

 内田さんのサックスの先生は、中村誠一さんというジャズ界の巨匠。しかし、当時のジャズメンたちの雰囲気は、内田さんには合っていなかったようです。

「超体育会系だなあと。僕は煙草を吸わないし、酒もそんなに飲まない。『お前はなんでそんなにクリーンなんだよ』と言われて。だんだん、そういう人付き合いがストレスになって、左手が動かなくなってしまったんです」。

内田輝さん

  1. 1/3
フレグラボ公式Twitterを
フォローする

スペシャルムービー

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第114回:浅葉克己さん

    更新日:2021年9月22日

  • スペシャル・インタビュー 第113回:池畑慎之介さん

    更新日:2021年9月17日

  • 『香草子』その20「祭りの起承転結」

    更新日:2021年9月8日

  • 夏の暑さに疲れた時にーレモングラス・スペアミント

    更新日:2021年9月6日

  • 著名人インタビュー100人突破記念!プレゼントキャンペーン

    更新日:2021年8月30日

  • スペシャル・インタビュー 第112回:大江千里さん

    更新日:2021年8月24日

  • スペシャル・インタビュー 第111回:小宮山雄飛さん

    更新日:2021年8月19日

  • 夏バテも乗り切れる!今人気のアロマをご紹介

    更新日:2021年8月17日