フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第136回:古内東子さん(シンガーソングライター)
今かぐわしき人々 第136回
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第136回:古内東子さん(シンガーソングライター)

    1. シェア
    2. LINEで送る

 歌声や存在が、まさに香りのような人がいます。デビュー30周年を迎える古内東子さんはまさにそんな人。恋愛の普遍的な葛藤を歌い続ける彼女に、変わった自分、変わらない自分について語っていただきました。

《1》あっという間の20年。そこからの10年

 デビュー当時から比べると、髪を少し短くした古内東子さん。母親になり、より健やかなコケティッシュさが加わった感じがします。
 今回、インタビューをお願いしようと思ったきっかけは、時々「ずっと大好き」という熱狂的なファンに出会うことから。それも皆、ちょっと知的な男性なのです。

「嬉しいですね。そういえば、デビューした頃は女性のファンが多かったんです。コンサート会場はほとんど女性で、男子禁制的な状態でした(笑)。当時は男性で古内東子を聴くって恥ずかしい感じだったのかな。最近は、ほとんど男性ですね。私より少し年上の男性が多いように思います」

 デビューした当時はまだ学生だった古内さん。

「高校に行って帰りに予備校にも行ってたんですが、親に嘘をついてソニーミュージックに行ってたりしました。ディレクターの方との制作の交流と大学受験が並行していたんです。そしてデビューと同時に大学生にもなりました。歌手になったという実感がまだ薄いまま、うやむやに学生もやっていました。そのうち札幌でラジオのレギュラーも始まり、怒涛のような日々でした」

 実は筆者はその怒涛時代の古内さんにインタビューしていました。たまたま札幌のラジオ番組を東京で録るという日があり、スタジオにお邪魔したのです。それは人気女性誌の取材で、テーマはお菓子。

「ああ、それ、思い出しました。スタジオに入るにもお菓子を並べて、一生懸命気持ちを上げていたんですね。歌手になりたい意志はあったのですが、下積みはなく、最初の5年はもう必死だったという感じです」

 シワやシミのない古内さんの美肌を見ていると、とてもそれから30年近く経ったとは思えません。

「20年まではあっという間でした。そこからさらに10年は、そこまであっという間という感じはない。こんなこともあんなこともあったな、と思えます。こうして昔取材してくださった方と出会うと、間接的に時の流れを感じますね」。

古内東子さん

  1. 1/3

最新記事

  • 愛読者様ご招待イベント 鎌倉・鬼頭天薫堂で「香木を聞く、味わう」
  • スペシャル・インタビュー 第213回:鶴田真由さん
  • スペシャル・インタビュー 第212回:近浦啓さん
  • ヨガとマントラと、お香が漂う空間を愛して
  • スペシャル・インタビュー 第211回:春風亭一之輔さん
  • スペシャル・インタビュー 第210回:春野恵子さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする