フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第159回:佐々木優太さん(神社ソムリエ)
今かぐわしき人々 第159回
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第159回:佐々木優太さん(神社ソムリエ)

    1. シェア
    2. LINEで送る

 13年間で1万社以上の神社を参拝し、その由緒やご利益を学んでその人に合う神社を紹介できる”神社ソムリエ”、佐々木優太さん。今回は、そのありがたい仕事のスタート地点となった多摩川浅間神社で、取材をさせていただきました。佐々木さんのこれまでとこれからは、まさに天に導かれているようで驚かされます。

《1》昔から”御師”という”神社ソムリエ”のような仕事があった

 人当たりがよく、明るい印象のある佐々木優太さん。「神社ソムリエ」という肩書きで呼ばれるようになったのは最近のこと。2022年1月に『マツコの知らない世界』に出演し、その名が全国区になっていきました。

「今年の1月にも2度目の出演をしたのですが、1回目以上の反響をいただきまして。ありがたいことです」

 ちょっとした受け答えにも、腰が低い佐々木さん。撮影で訪れた多摩川浅間神社でも「佐々木さんですか」と声をかけられると、丁寧に対応しておられました。

「最近はYouTubeやInstagramを見てくださっている方も増え、神社で出会うと、気づかれるようになりました。僕の情報を喜んでくださる方が多いですが、『神社ソムリエ』という言葉自体、失礼じゃないか、という人もいます。ただ、昔から『御師』という職業があったらしいんです。情報が口伝てだった時代、御師と呼ばれる人たちは『ここへお詣りに行くといいですよ』と教えていたそうなんです。コンサートのチケットを売り歩くように、そこへ参拝に行けない人におふだを売ってあげるとか」

 なるほど、そう言えば昭和の時代でも、近所のお年寄りに詳しい人がいて「厄除けならこの神社」「受験ならこの神社」「引っ越しならこの神社」と、教えてくれた記憶があります。

 しかしどんな経緯でまだ30代後半の佐々木さんが全国的にその役割を担っていったのかは、不思議です。

佐々木優太さん

  1. 1/3

最新記事

  • 愛読者様ご招待イベント 鎌倉・鬼頭天薫堂で「香木を聞く、味わう」
  • スペシャル・インタビュー 第213回:鶴田真由さん
  • スペシャル・インタビュー 第212回:近浦啓さん
  • ヨガとマントラと、お香が漂う空間を愛して
  • スペシャル・インタビュー 第211回:春風亭一之輔さん
  • スペシャル・インタビュー 第210回:春野恵子さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする