1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第17回:ゲッターズ飯田さん
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第17回:ゲッターズ飯田さん

金の羅針盤

✴運気の上がる香りの使い方
人にたくさん会う年なので、新しい香りでリフレッシュを。ローズマリー、ペッパーなどがブレンドされたルームスプレーなどを使うと、自分も相手もリフレッシュできます。

■全体運

 五星三心占いの中で最も特徴的と言って良い「裏運気」の時期。昨年の乱気の年は、心も体も乱れてしまった人や普段の自分とは違った感じになったのは、今年の運気が裏になるため。全てが裏目に出る一年ですが、昨年や来年とは違い、真裏に出る一年なので、賢く使えば問題がないどころか人生を大きく変えるほど成長ができる出来事も多いでしょう。ここを不運と思うのか「勉強」だと思うかで人生は大きく変わるでしょう。
 金の羅針盤が裏運気に入ると大きく変わるのが「人間関係」。これまで縁が薄かった人や経験のなかったタイプの人と縁ができ、人間関係が広がる時でもありますが、いろいろな人に振り回される時期でもあります。欲張ったり、自分さえ良ければいいと思っている人は痛い目に合うでしょう。特に、金の羅針盤タイプは自分のことを真面目だと思っている人が多いですが、実はサボリ癖があり、好きなことしかやらない人だと周囲が思っているので、ここでの苦労や困難は「自業自得」と思われてしまう場合もあります。
 今年は裏の時計の運気が大きく影響をするので服装はブランドや派手な感じを避け、シンプルで庶民的な服装を心掛けることが大事。普段は柄物や幾何学模様、変わったデザインの物を選ぶ事が多いと思いますが、今年は無地で清潔感のある服を選ぶ事で印象が良くなります。また、資格取得や勉強をするにもいい時期。特に「苦手」だと思っていたことがここで克服できたり吸収できるように。自分の裏の能力を伸ばしてみるといいでしょう。
 また、物事を真面目に考え過ぎてしまったり、ネガティブやマイナス思考になってしまうことが多い金の羅針盤が、ポジティブやプラス思考になれる時期でもあります。裏運気は「恩返しの時期」でもあります。これまでお世話になっていた人に恩返しをしていなかった人は、ここで恩を返すためにどう行動するかが重要。自分のことよりも他人の幸せや笑顔の為に行動することで新たな人生をスタートすることができるでしょう。

■恋愛運

 

 恋愛運も全て裏に出る年。これまで好みでなかった人を好きになったり、予想外の人からモテる「裏モテ期」です。高嶺の花だと思える人と交際ができたり、これまで経験をしたことがない一夜の恋などもあるかも。安心して近づいたら痛い目にあってしまうことや逆に「この人はダメだな」と思っていたら予想外にいい人の可能性が高いでしょう。もともとはお見合いや身近な人からの紹介の方が良いタイプですが、今年は一目惚れした旅先、イベントやライブなど、これまでにない場所で出会って一気に結婚まで進んでしまう人も。 交際や結婚を進める時には周囲の声に必ず耳を傾けて。また一人で判断する場合は、冷静になって考える必要がありますが「裏に出るんでしょう!」と飛び込んでみると裏に出て逆にいい恋ができることもあるでしょう。「安心、安全、絶対に大丈夫」と思った異性ほど裏切られそうです。
 これまで恋愛から遠のいて仕事ばかりやっていた人には恋のチャンスが多く訪れるので「モテ期がきた」と錯覚して、好みではない異性と交際して勢いで結婚をすると6年後に離婚する可能性が高くなります。
 かなりややこしい時期ですが、恋をするならどっぷりハマる恋ではなく、大人な恋や距離感を大事にする恋を。結婚を意識するよりも今を楽しんで、幅広く異性を見るようにするといいでしょう。
 結婚は、おススメする時期ではないですが、どうしてもこの年に結婚をすることになってしまった場合は「100%の幸せ」と思って結婚するのではなく「離婚する覚悟はある」と少し思って置くといいでしょう。できれば来年の年末に入籍か再来年まで待ってからの方が良いですが、相手の運気が良い場合は、勇気を出して合わせてみても。ただし、相手に自分の真面目過ぎる部分やネガティブな考え方をする癖を伝えておくといいでしょう。 家庭のことやプレゼントもどこか少しズレている場合も多いので「どうして欲しいのか、何が欲しいのか」を聞くようにする事を忘れないように。
 妊娠のトラブルや性病などの問題は起きやすいので注意はしておきましょう。

■仕事運

 「こんな仕事をしたくない」と思っているような不慣れな仕事や嫌いな仕事を任されてしまう時期。周囲から見れば「いいポジション」と思われるところでも「中間管理職」「リーダー」「責任を背負う役職」などになる事が多くなります。その立場の仕事ができることを楽しんだり、いい経験と勉強だと思い、自分の至らない部分がドンドン出てくるのでしっかり受け止めて成長しましょう。転職をしたり、離職をすると路頭に迷ってしまったり、取り返しがつかない状況になってしまうことがあるので、会社への恩返しだと思って、これまで以上に真剣に仕事に向きあいましょう。ただ、裏運気は、予想外の展開が多いので、頼りにしていた上司や先輩の異動、苦手な部下や後輩と一緒にいる時間が増えたり、苦しい状況が続く感じになりますが、新たな体験や新しい技を習得する時期だと思って前向きにとらえることが大事。大きな変化がない仕事の場合は、現在の仕事に疑問を感じたり、会社のマイナス点や仕事でネガティブな面を考え過ぎてしまったり、問題やトラブルの原因を他人の責任にし過ぎてしまうこともあるので注意。今年の問題は、全て自分の責任だと思って真剣に取り組むと周囲から信頼をされたり、評価されるようになるでしょう。苦手や面倒に立ち向かって大きく成長しましょう。
 また、この年は、職場や仕事関係者とコミュニケーションをしっかり取ることが大事。飲み会の幹事やお花見、BBQ、などこれまで避けてきた会社関係のイベントを自主的にやってみるのも手。想像以上に大変で面倒なこともありますが、そのおかげで得ることも大きいはず。
 困った時は、無駄なプライドを捨てて素直に頭を下げて、自分の欠点や弱点を認識して精進することを忘れずに。

■金運

 裏運気の金運は、大荒れになる可能性が高いでしょう。全てのお金を失ってしまったり、お金をだまし取られる、安定していた収入が乱れる、予想外に出費が続くなど。考えてもいなかったお金がドンドン流れてしまうことも。昨年、一昨年から財布のひもを締めて、無駄な買い物を避けていた人は問題はないですが、浪費や計算をしないでお金を使っていた人は、思った以上にお金の勉強をすることになるでしょう。今年の出来事を「不運」などで片付けないで、全ては自分が招いたことだと思って受け止めて「お金が無くなったくらいでラッキー」と思っておくといいでしょう。
 いろんな不祥事が表に現れ、不倫をして訴えられてお金がなくなったり、車の事故、不良品を購入後トラブルなども続発しやすいので要注意しましょう。お金に執着をすればするほど失うことやトラブルを引き寄せてしまいます。問題を起こさないためには、ボランティアに参加する、多額な寄付をする、他人の為にお金を使う、感謝や恩返しのために出費をすることが大事。お中元やお歳暮、年賀はがきなど礼儀正しくすることで金運を後に良くすることもできるでしょう。
 裏運気は、普段やらないギャンブルにハマってしまうこともあります。ビギナーズラックで儲かったと思って大喜びをし、どっぷりハマって気が付いたら大負け、などということも。たまたま勝てても「裏運気だから」と割り切ることが大事でしょう。
 お金の貸し借りも最悪な状況になるので、親でも親友でも絶対に貸し借りをしないように。特に、保証人や立替もしないようにしましょう。

■健康運

 裏運気で最も注意が必要なのが健康面。これまで元気でなんの問題がなかった人が突然体調を崩したり、病気が発覚することが多い年。昨年辺りから異変を感じて既に病院を通っている人でも、改めて精密検査や人間ドックに行くことが大事。一年を通して油断をしない方がいいでしょう。謎の肌荒れや奇病などにかかる人も。何をさしおいてでも、今年は無理な行動を避けて、暴飲暴食をしないように心掛けて健康を維持するために全力を注いでください。すでに病気で、よくならない場合は、2,3つ他の病院に行くといいですが、評判のいいところで診てもらうようにすることも大事。体質改善や食事のバランスを整えて、軽い運動をするように心掛けましょう。ケガや事故もしやすい時期なので、車の運転、バイク、自転車はこれまで以上に慎重に。ストレス発散のためのリフレッシュやしっかり体を休ませる日を事前に作っておくことも忘れないようにしましょう。

  1. 12/13

先週の人気記事

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第34回 滝ともはるさん

    更新日:2018年11月8日

  • 太りやすいこの時期に!ダイエットに役立つアロマ

    更新日:2018年11月7日

  • スペシャル・インタビュー 第33回 大野えりさん

    更新日:2018年10月29日

  • 幅広く活躍するフレッシュな香りレモングラス

    更新日:2018年10月17日

  • ハロウィンの魔除けにはアロマが使われていた!?

    更新日:2018年10月12日

  • スペシャル・インタビュー 第32回 曽我廼家八十吉さん

    更新日:2018年10月9日

  • スペシャル・インタビュー 第31回 Moecoさん(松下萌子さん)

    更新日:2018年10月5日