フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第182回:及川栞さん(女子ホッケー日本代表、タカラベルモント所属)
今かぐわしき人々 第182回
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第182回:及川栞さん(女子ホッケー日本代表、タカラベルモント所属)

    1. シェア
    2. LINEで送る

世界で戦うには、世界に出なくては。
人として成長できれば、一選手としても成長できますから

 ”ホッケーの町”、岩手県岩手町に生まれ育ち、母親もホッケーの日本代表だったという、及川栞さん。2013年に自身も初の日本代表となり、2018年のアジア大会で日本の初優勝に貢献。オランダ1部リーグでの日本初の女子プロホッケー選手としての経験も生かしてチームを率いる彼女の想いは、2024年1月にインドで開催される世界最終予選大会、そして夏のパリオリンピックへと続いています。

《1》器械体操かホッケーか。3歳でスティックをもった

 ホッケー、というと、アイスホッケーを思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし、もともとはフィールドでのホッケーが先。19世紀のイギリスで生まれたこの球技の世界的競技人口は約3000万人と言われていますが、日本では約3万人。サッカーに比べれば100分の1です。
 しかし、岩手県岩手町はホッケーに力を入れているところ。及川栞さんは、その町に生まれ育ちました。
「母親もホッケーの日本代表ゴールキーパーで、アジア大会で銀メダルをとっています。そして中学のホッケー部の顧問をしていました。父親は器械体操の選手で、同じく中学の器械体操の顧問をしていました。幼い頃の私は器械体操かホッケーか、どちらにするかという感じで、3歳のとき、子供用のスティックを初めて手にしながらも、トランポリンの上で昼寝したり、ホッケー部のベンチで学生に遊んでもらっていました。年齢を重ねるにつれて色々な競技をやってみましたが、自分の身体だけでやるものは苦手で。道具を使う方が好きだった。小4から本格的にホッケーをはじめました」

 鍛え上げた筋肉を覆うすらりとしなやかな躯体は、どんなスポーツにも対応しそうに見えますが。

「数年前、ビーチサッカーを体験することがありましたが、ボールを蹴ったつもりが、まだその場にありました。スカしてしまった(笑)」

 そんな冗談で笑う及川さんですが、ホッケー用のスティックを手にすれば颯爽とした姿に。使用するボールは、ゴルフボールの硬さに近く、硬式野球のボールとほぼ同じ大きさがあります。

「プレーヤーは脛当てと5本指のグローブのみ。分厚い手袋みたいなものです。脛以外のところに当たると痛いですよ。ゴールキーパーは、顔にも防具をしていますが、母の時代はそれもなかったそうで『今の人は羨ましい』と言っていました。実際、母は鼻を折ったことがあります」

 実際にボールを持たせてもらうと、かなりの硬さと重さ。これをスティックで打ち合うのですから、かなり激しい競技です。

「シュートするときの音はカーンと響きますよ!」

 爽やかに白い歯を見せる及川さんですが、きっと試合中は鋭い表情なのでしょう。

及川栞さん

  1. 1/3

最新記事

  • 愛読者様ご招待イベント 鎌倉・鬼頭天薫堂で「香木を聞く、味わう」
  • スペシャル・インタビュー 第213回:鶴田真由さん
  • スペシャル・インタビュー 第212回:近浦啓さん
  • ヨガとマントラと、お香が漂う空間を愛して
  • スペシャル・インタビュー 第211回:春風亭一之輔さん
  • スペシャル・インタビュー 第210回:春野恵子さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする