フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第210回:春野恵子さん(浪曲師)
今かぐわしき人々 第210回
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第210回:春野恵子さん(浪曲師)

    更新日:2024.7.3

    1. シェア
    2. LINEで送る

私はもう細胞レベルで浪曲師です。
だからこそ吸収したいし、広げたい。

 東大卒のタレントとして『進ぬ!電波少年』で、坂本ちゃんを家庭教師していた恵子先生は、今や浪曲師に。学者の家に生まれ、俳優を目指した春野恵子さんは、なぜ浪曲の道を選んだのでしょう。立板に水のごとく、まるで浪曲になりそうな半生をたっぷり語っていただきました。

《1》スポーツ科学を相撲に取り入れようと東大へ

 文京区に生まれ、父は学者、姉は秀才。そんな春野恵子さんは、高校時代には自分の人生を真剣に考えていました。

「私は相撲好きの高校生でした。高2で進路を考えたとき、成績がこれくらいだからこの大学へ、というのは嫌で、理由が欲しいと思ったんです。そこで相撲好きを勉強するモチベーションにしました。当時、舞の海さんがスポーツ心理学を利用していたり、初代霧島が筋トレを取り入れたりし始めていたんです。そこで、スポーツ科学を相撲界に取り入れようということをモチベーションにし、東京大学教育学部体育研究学科に入学しました」

 しかし、その学びを彼女は相撲に直接生かすことはできませんでした。

「当時はバブルもはじけ、東大女子は使いづらいという世の中のイメージも出てきまして。授業はとても楽しかったので、2単位を残して留年し、その1年は美術史を学びました」

 好奇心旺盛で学ぶことを楽しめる恵子さん。卒業後は、小さな出版社に就職しました。

「すでに役者の仕事はしたくて、土、日、平日と、ミュージカルのエキストラのバイトなどをしていました。25歳のとき、編集長に『やりたいことをやらないといけないと思うので、やめたいと思います』というと『やっぱりね』と言われました。それで、アルバイトを掛け持ちしながら、役者の仕事を始めたんです。月刊デビューという雑誌で女性にグラビアモデルをやらせない事務所を探して、入りました」

 その事務所は的場浩司さん、酒井美紀さんら、当時売れっ子の俳優もいるところ。恵子さんを担当した女性マネージャーはその後、向井理を見出した人なのだそうです。
 そのマネージャーがある日、こんな仕事を持ちかけてきました。

「『電波少年』というバラエティ番組で、高学歴の人を探している、と。彼女は私の履歴書を覚えていてくれたんですね。いろんな偶然で、まさかのバラエティに出ることになったんです」

 ところがこの番組が、今では考えられない凄い企画だったのです。

春野恵子さん

  1. 1/3

最新記事

  • 愛読者様ご招待イベント 鎌倉・鬼頭天薫堂で「香木を聞く、味わう」
  • スペシャル・インタビュー 第213回:鶴田真由さん
  • スペシャル・インタビュー 第212回:近浦啓さん
  • ヨガとマントラと、お香が漂う空間を愛して
  • スペシャル・インタビュー 第211回:春風亭一之輔さん
  • スペシャル・インタビュー 第210回:春野恵子さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする