1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第24回:売野雅勇さん(作詞家)
今かぐわしき人々 第24回:売野雅勇さん(作詞家)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第24回:売野雅勇さん(作詞家)

    1. LINEで送る

中森明菜の『少女A』、チェッカーズの『涙のリクエスト』、郷ひろみの『二億四千万の瞳』…。1980年頃から大ヒット曲の作詞をあまた手がけてきた作詞家であり、脚本、映画監督、プロデュースなども手掛ける才人、売野雅勇さん。現在もロシア出身の女性ユニットMax Lux(マックス・ラックス)を売り出すなど、歌を楽しく伝えようという思いをもち続けています。常に時代を読み、トレンドをつくってきた粋である売野さんの、香りとの歴史もうかがいました。

《1》

コピーライターから作詞家へ。1980年代、そんな華々しい転職を果たした売野雅勇さん。時代は賑やかで、次から次へと流行が現れ、みんなが新しいモノを欲しがりました。雑誌が続々と創刊され、ファッション業界ではDCブランドが人気になり、街ではディスコやカフェバーが乱立しました。

「1980年の夏が終わる頃に、レコード会社のディレクターから『作詞をしてみませんか』と電話をもらい『はい、やらせてもらいます』と気軽に引き受けてしまったのが、すべての始まりですね」

それまでも、アーティストの広告のコピーなどを書いていた売野さんでしたが、詞を書いたことはなかったのだそう。

その後のなりゆきと活躍は著書の『砂の果実』(朝日新聞出版)に詳らかですが、

作詞という仕事が思いつきやインスピレーションだけでできるものではないということがよくわかります。

「作詞家は気楽な稼業と思われがちです。よく『言葉が降ってくる』というように表現される方がいますが、それだけではたくさんは書けないですね(笑)。机に向かって、締め切りがあって書く。頼まれた以上、いい絵を書かなきゃいけないし、売れないといけないし。一番思うのは『書けないと嫌だな』ということ。それくらい、今もプレッシャーがあります」

一方で、考えつくした先に、思いがけない歌詞が出来上がるときの喜びもあります。

「セレンディピティという言葉がありますが、一語を追求していくと、その先に予想外な言葉やストーリーが浮かんで、最初に想像したこととまったく違うものが出来上がる。そういう奇跡的なことは、確かにあります」。

売野雅勇さんの写真2

  1. 1/2

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • 『香草子』その3「商店街の何屋さんと結婚するか問題」

    更新日:2020年4月1日

  • 幸せな気分になりたい時 ―ゼラニウム、バニラ

    更新日:2020年03月31日

  • スペシャル・インタビュー 第72回:いしかわじゅんさん

    更新日:2020年3月25日

  • スペシャル・インタビュー 第71回:岡崎裕子さん

    更新日:2020年3月13日

  • ちょっと飲みすぎた…二日酔いにおすすめのアロマ

    更新日:2020年3月12日

  • 『香草子』その2「町工場パラダイス」

    更新日:2020年3月6日

  • スペシャル・インタビュー 第70回 内田滋(しげ)さん

    更新日:2020年3月3日

  • 勉強・仕事に集中したい時 ―レモングラス、ローズマリー

    更新日:2020年03月2日