1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第91回:上田正樹さん(シンガー)
今かぐわしき人々 第91回
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第91回:上田正樹さん(シンガー)

    1. LINEで送る

 1972年のデビューからもうすぐ50年。ただひたすらに歌い続けるR&Bのレジェンド、上田正樹さん。年末はライブツアー『この熱い想いはあの頃のままツアー2020』を敢行させるべく、気炎が上がります。大ヒット曲『悲しい色やね』への本音から現在の思い、歌にかける熱い思いはますます強くなっているようです。

《1》コロナ禍で自分に問いかけ、答えが出た。「出口はある!」

 12月19日の埼玉・秩父のホンキートンクを皮切りに、今年もライブツアーを敢行する上田正樹さん。71歳、このご時世、感染対策をしつつ歌い続ける気合に驚かされます。

「怖い、とは思わないよ。ただ手洗いやうがいはマメにしています。マネージャーと弟子のYoshie.Nがいろいろ気をつかってくれるし。僕はすぐ誰かに会うとハグとかしがちだから、今はダメダメって。僕、コロナ禍にも出口はあると思ってる。歌うときは、みんながその出口を見つけて『よし!』と思ってるところを想像してるよ」

上田正樹さん

 しかしイベントやライブは続々と中止になったときは、葛藤がありました。

「大変やったけどね。でもあるとき、自分に問いかけた。家で制作をできるのはいいね、と」

 出来上がったニューアルバム『Soul to Soul』は、有山じゅんじさん、山岸潤史さんといったこれまでの相棒たちに加え、ゲスト・ギタリストに押尾コータローさんを迎えました。大ヒット曲『悲しい色やね〜Osaka Bay Blues~』は、押尾さんとのデュオで聴かせます。

「おかげさまでね、神業的なミュージシャンと一緒にやらせてもらうことが多いんです。こいつが今一番、っていう人が来てくれる。今回は何回か、ビルボードライブなどでもご一緒した押尾コータローさんが弾いてくれて。こうしよう、ああしようと一切打ち合わせせずに、ぱっと本番やって気持ちよくなれる人なんですよ。むちゃくちゃ一生懸命な人よ。ほんと、ずっとギター弾いてる。道歩きながらギター弾いてしまうんちゃうか、くらいな(笑)」

 今回は「やっと完成してきたかな」とつぶやいたこの曲。実は大ヒットした当時は、表現しづらいと感じていたそうです。

上田正樹さん

  1. 1/3

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第105回:生島ヒロシさん

    更新日:2021年6月11日

  • スペシャル・インタビュー 第104回:野村義男さん

    更新日:2021年6月3日

  • 気分を上げたい時-バニラ・ピーチ

    更新日:2021年5月31日

  • スペシャル・インタビュー 第103回:土橋安騎夫さん

    更新日:2021年5月28日

  • 『香草子』その16「中堂先生」

    更新日:2021年5月18日

  • スペシャル・インタビュー 第102回:遊佐未森さん

    更新日:2021年5月17日

  • スペシャル・インタビュー 第101回:堂珍嘉邦さん

    更新日:2021年5月6日

  • スペシャル・インタビュー 第100回:葉加瀬太郎さん

    更新日:2021年4月23日