1. HOME
  2. 気分で選ぶ!香りの活用法
  3. 涼みたいときには ― ペパーミント・ユーカリ
涼みたいときには ― ペパーミント・ユーカリ
    1. 知識
  • 涼みたいときには ― ペパーミント・ユーカリ

    1. LINEで送る

どんな香りの印象?

ペパーミントは、歯磨き剤や食品、化粧品などとして身近なものに多用されています。クセになるツンとした清涼感のある香りは、シャキッと目が覚めるイメージを持っているのではないでしょうか。
ユーカリには、数多くの品種があり、品種によって香りも異なります。最もポピュラーなのはユーカリ・グロブルスです。ミントのような爽快感とウッディな甘さを持ち合わせています。
香りを嗅ぐとリフレッシュできるので気分を変えたい時や、解放感が欲しい時におすすめです。ペパーミントとユーカリはどちらも薬として使われていた刺激のものですので、風邪を引いた時や、抗菌・防臭として使うのもありです。

使うシーンや季節

どちらも暑い夏や、季節の変わり目にリフレッシュしたい時におすすめです。
ペパーミントはその香りを嗅ぐと体感温度が-4度といわれておりクールダウン効果があります。夏バテによる自律神経の乱れを整える効果が期待できるのもペパーミントです。
ユーカリは花粉症を緩和する効果が期待できるので花粉が飛びやすい春や秋に蒸気を吸入するといいかもしれません。

ペパーミント・ユーカリの利用方法

心への作用

・ペパーミント
ペパーミントは、メンソールの成分が落ち込んだ気分をリフレッシュさせるのに役立ちます。暑い夏や天気の移り変わりの激しい時期に、集中力がとぎれた時やどんよりした空気を切り替えたい時におすすめです。運転するときの眠気覚ましにも効果的ですが、その反面、ストレスの緩和や眠れない時に入眠を促す成分も含まれています。

・ユーカリ
ユーカリはストレスや神経疲労、集中力を高めたい時にサポートしてくれます。徹夜作業や勉強をしたいとき、眠気をおきにくくします。リモネンの鎮静作用も期待できるので、気持ちを平静にしたいときにもいいでしょう。

身体への作用

・ペパーミント
ペパーミントは熱や喉の腫れ、頭痛からくる風邪など、呼吸器系からくる体の不調に効果が期待できます。体を温めた後に冷やすので、血液循環を促すローズマリーや、殺菌に有効なラベンダーなどと併せて風邪の時に使用するのもいいかもしれません。また、乗り物酔い止めや、胃もたれなど消化器系の不調にも役立つと言われています。レモンなどの柑橘系の香りと混ぜるのも相性がいいです。さらに万能と言われるペパーミントは、防虫作用、皮膚を柔軟にする作用などにも有効と言われています。

・ユーカリ
ユーカリは主に呼吸器系からくる不調に効果的といわれています。痰を切りやすくしたり、咳を鎮めたり、風邪の初期症状を緩和させてくれます。お肌にも効果があり、ニキビ改善や火傷などにも役立つと言われています。ユーカリ・グロブルスはお肌に使用するには刺激が強すぎるので、ユーカリ・ラディアータを使用するか、ユーカリ成分が入っている既製品を使用するようにしましょう。

  1. 1/2

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • 『香草子』その3「商店街の何屋さんと結婚するか問題」

    更新日:2020年4月1日

  • 幸せな気分になりたい時 ―ゼラニウム、バニラ

    更新日:2020年03月31日

  • スペシャル・インタビュー 第72回:いしかわじゅんさん

    更新日:2020年3月25日

  • スペシャル・インタビュー 第71回:岡崎裕子さん

    更新日:2020年3月13日

  • ちょっと飲みすぎた…二日酔いにおすすめのアロマ

    更新日:2020年3月12日

  • 『香草子』その2「町工場パラダイス」

    更新日:2020年3月6日

  • スペシャル・インタビュー 第70回 内田滋(しげ)さん

    更新日:2020年3月3日

  • 勉強・仕事に集中したい時 ―レモングラス、ローズマリー

    更新日:2020年03月2日