1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. ~Prologue~ 第1話『暗闇のなかの出逢い』
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    ~Prologue~ 第1話『暗闇のなかの出逢い』

《2》

 6月19日。汐留にあるホテルのバンケットルームの前には、それでも数十人の人が集まっていた。

「なんだ。いっぱいいるじゃないの」

 鍵崎多美子はひとりごとを言い、関係者受付で名刺を出した。今日はENFOLDのパフスリーブの黒いトップスにCOSのスリットの入ったサテンの長いタイトスカートを合わせた。サンダルはいつかのプレスセールで買ったきらきらのMIUMIUだ。

「『Luck Me』の鍵崎様ですね。お待ちしておりました」

 横井の部下らしき20代の女性がぺこんと首だけ曲げてお辞儀をした。多美子は長い髪をかきあげてにっこり笑った。

「どうも。お世話になっています」

 お辞儀の下手な女性はうなずきながら言った。

「お手洗いなどはすまされていますか。入場の際はすでにアイマスクをしていただきまして、テーブルまで私がご案内することになっています」

 少しのぞくと、バンケットルームはほとんど真っ暗だ。
 多美子は言われるがままにアイマスクをすると、彼女の肩に手を置いた。ゆっくりと歩き出すが、いきなりの暗闇は想像以上に怖いものだった。ハイヒールを履いていなくてよかった、と、思った。

「こちらのお席におすわりいただきますね。1テーブルに6人ずつとなっております。こちらのテーブルは、ごめんなさい、女性が4人、男性が2人ですね」

 なんであやまるんだろう、と多美子は思った。そしてやっと気づいた。はっはあ、こういう場を出会いにする輩もいるのだろう。
 椅子の背につかまりながら、そっと腰をおろす。

 どうやら、多美子の左隣に座ったのは男性のようだ。気配と、匂いでわかった。そんなに若くはないようだ。いやひょっとしたら、多美子より年上の50代だったりして。加齢臭とまではいかない、微妙な脂くささというか、男くささがある。男という動物の匂い。それに、煙草の匂いが混じり合ったり、酒の匂いが混じり合ったり、彼らの世代は若い頃からもっていた匂いだ。
 今の20〜30代の男性にはあまりないしない、男の匂い。

「よろしくお願いします」

 いい声だった。あら、どっかで聞いたことがあるな。ひょっとしてアナウンサーじゃないかな。

 やがて女性があと3人座り、もう一人、濃い柑橘系の香水をつけた男性が座った。苦いオレンジのような、猛烈に強い匂いだ。
 多美子の右隣の女性は、声から想像して20代。向いとその隣の女性は、自分より少し年下だろうか。

 料理が運ばれて来る毎に、かちゃかちゃとカトラリーとお皿が接触する音がする。まずは前菜。
 どうやら、白身魚のカルパッチョのようだ。
 感覚でソースをナイフで魚にまぶし、フォークで少しずつ口に運ぶ。
 目を開けているときは感じない、舌にまったりと絡む魚の甘み。ソースのなかのビネガーのまろやかな酸味。ややつぶした粒胡椒の辛味。

「あ、ピンクパッパーですね」

 多美子は思わず言葉を発した。たぶんそれが、そのテーブルで最初に上がった声だった。それで堰を切ったように、みんなが喋り出した。
 真向いから、落ち着いた涼やかな声がした。

「口のなかで香りがぱーんと弾けますね。ソースとよく合ってる。ソースもピンクなのかもしれませんね。赤ワイン・ビネガーかしら」

「あら、料理にお詳しそうですね」

「はい、私、一応、そういう仕事をしていて。今日はたまたま休みで、来られたんです」

 それを聞いたその隣の女性がゆっくり言った。

「お店の場所はどちらですか」

「中目黒と池尻大橋の間くらいです」

 多美子はその場所に興味をもった。そのあたりは美味しいレストランが多いし、よく訪ねる和食の店もあった。

「後で教えてくださいね」

 話が盛り上がってきたが、多美子の右隣の女性は一向にまだ話す気配を見せない。男性2人も、どう会話に入っていいのかわからない様子だった。

  1. 2/4

先週の人気記事

最新記事

  • ほんのり甘く、女性にうれしいアロマ‐クラリセージ

    更新日:2018年9月6日

  • スペシャル・インタビュー 第28回 松浦俊夫さん

    更新日:2018年8月31日

  • 長編小説第12話

    更新日:2018年8月28日

  • 多方面に万能!スッキリ爽快な香り-ユーカリ

    更新日:2018年8月1日

  • スペシャル・インタビュー 第27回 芳本美代子さん

    更新日:2018年7月27日

  • スペシャル・インタビュー 第26回 宮尾俊太郎さん

    更新日:2018年7月25日