1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. ~Prologue~ 第1話『暗闇のなかの出逢い』
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    ~Prologue~ 第1話『暗闇のなかの出逢い』

《3》

 スープが運ばれてきた。冷たいヴィシソワーズだが、どうやらにんじんが入っているようだった。

「あ、にんじんだ」

 きれいな発音で、隣の男性がつぶやいた。やっぱりBay TVのアナウンサーだ、と、多美子は確信した。そして、思いきって場を仕切りに出た。

「簡単に自己紹介しませんか。名前とか呼び名だけでも。私はタミーって呼ばれていますけど」

 向いの女性は「ありさ…有紗」さん、その隣の女性は「まき…麻貴」さん。黙っていた隣の女性もやっと小さな声を出した。

「私は…トノムラです。殿様の殿に村」

 アナウンサーらしき男性は、苗字でも名前でもなく、よく通る声で言った。

「なーくん、でお願いします」

 梶浦直人。Bay TVのアナウンサーだ。やっぱり。多美子は吹き出しそうになった。脳裏に急に彼の顔が現れてきたからだ。なーくん、というような年齢でもルックスでもない。

 笑いをこらえていると、もう一人の男性、苦オレンジの匂い濃すぎ系が言った。

「じゃ、僕はおっくん、かな」

 

 なんなんだ、と多美子は笑いそうになりながら、トノムラという隣の女性に話しかけた。

「あまりしゃべらないんですね」

「あの私、友達の代わりに来たんです。どうしても残業だから、代わりに行って、って言われて。私、こういうところに慣れていなくて、何をしゃべったらいいかわからなくて…」

「殿村さん、お声を聞くと若そうだけど、ふだん何にご興味があるの… 」

「鉄… いや、旅行とか」

 そのとき、ガラガラがっしゃーんと、大きな音がした。
 失礼しました、とか細い声が聞こえ、人が集まってくる。どうやら、料理をひっくり返したらしい。

「おい〜」

 自称・なーくんのアナウンサーが、呆れた声のあと、突然、怒鳴り始めた。

「いいかげんにしてくれよっ。わざわざ来てやったのに、なんだこれっ。弁償してくれよ、このジャケット、20万はしたんだぞ」

「申し訳ありません」

 あまりの怒声に、多美子はおそるおそるアイマスクを外してしまった。有紗と麻貴もその気配にマスクを外した。殿村だけが、はずせずにうつむいていた。
 なーくんこと梶浦直人アナウンサーは、アイマスクを叩きつけて、横井やその他の代理店関係者がまとわりついて謝るなか、会場を去っていった。
しばらく会場が騒然としたが、やがてメイン料理となると、進行は元に戻った。
 しかし、多美子たちのテーブルは、気持ちがざわめいたままだった。

  1. 3/4

先週の人気記事

最新記事

  • ほんのり甘く、女性にうれしいアロマ‐クラリセージ

    更新日:2018年9月6日

  • スペシャル・インタビュー 第28回 松浦俊夫さん

    更新日:2018年8月31日

  • 長編小説第12話

    更新日:2018年8月28日

  • 多方面に万能!スッキリ爽快な香り-ユーカリ

    更新日:2018年8月1日

  • スペシャル・インタビュー 第27回 芳本美代子さん

    更新日:2018年7月27日

  • スペシャル・インタビュー 第26回 宮尾俊太郎さん

    更新日:2018年7月25日