1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. 第6話 『多美子の出会い《後編》』
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    第6話 『多美子の出会い《後編》』

《3》

 翌週から「Luck me 」ウエブ化への資金繰りで、多美子は社内調整に忙しくなった。だが役員に会うと、意外にも話は早かった。もはやこのままでは、と、会社としての行く末も案じられていたようだった。ただし、思ったよりも予算は低かった。

 多美子はまず、代理店の横井に連絡した。

「ウエブ化の予算が出てきたんだけど、まあ、そんなにたくさんないのよね。岸場さんのところでお願いできるかな」

 横井はもはや岸場の会社、トレイラートゥビーの人間であるかのように言った。

「やるっしょー。それはもう、あとは広告とってきて稼げばいいわけだからさ」

「頼もしいねー。じゃ、打ち合わせ、進めようか」

「さすがタミー、話早いね。… あ、シュージ、いい男でしょ」

 電話の向こうの横井がさらっと言った。

「え、… ああ、うん」

 多美子は自分の気持ちがすでにバレているのかとどぎまぎした。が、横井の声はそっちとは別の方向に弾んでいた。

「男が男に惚れるタイプっつーの。この間さ、息子も一緒にラグビーしたんだけどさ、可愛くってさー。俺も作っときゃ良かったな、と思ったよ」

 息子 …? 多美子の脳天にその言葉だけが響いて黒い雲がもくもく湧き出た。やっぱり岸場鷲士は結婚しているんだな、と。しかし、その真っ暗な脳天の表皮で声を振り絞った。

「横井くんは嫁からもらわないと。…岸場さんの息子さん、小さいの?」

「まだ小1だよ。おかあさんが見ててさ」

「なんでおかあさんが」

「離婚して引き取ったみたいだよ」

「へえ」

 多美子の脳天の雲が一斉に引き、光が差した。が、つとめて何もない声を出した。

  1. 3/4

先週の人気記事

最新記事

  • ほんのり甘く、女性にうれしいアロマ‐クラリセージ

    更新日:2018年9月6日

  • スペシャル・インタビュー 第28回 松浦俊夫さん

    更新日:2018年8月31日

  • 長編小説第12話

    更新日:2018年8月28日

  • 多方面に万能!スッキリ爽快な香り-ユーカリ

    更新日:2018年8月1日

  • スペシャル・インタビュー 第27回 芳本美代子さん

    更新日:2018年7月27日

  • スペシャル・インタビュー 第26回 宮尾俊太郎さん

    更新日:2018年7月25日