1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. 第10話 『多美子の失恋』
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    第10話 『多美子の失恋』

《3》

「… で、タミーはどうなの」

麻貴が突っ込むと、多美子はこの年下の女子たちに自分の恋をどう説明したらいいのか、少し悩んだ。ここに辿り着くまでに、こんな答えは用意していたつもりだったのだけれど。「気になる人が現れた。でも、仕事絡みだから身動きできない」。

多美子の言葉はこう発せられた。

「好きな人ができたの。すっごく素敵。久しぶりにドキドキしてるわ」

「へーえ。多美子さんが好きになる人って、どんな人なんだろう」

「IT関連の会社の社長でね。元ラガーマンなんだけど、ウィングだったらしいから、適度な細マッチョ。今はルックス的にはちょっとアーティストっぽい、かな」

「もちろん、アプローチしてますよね」

多美子はまたシャンパンをひと口飲んだ。

「もちろん」

「なんかすごくかっこいいデートしそう、タミーさんとその人」

いつになく興奮気味に有紗が言うと、未知が感心したように言った。

「何歳になっても恋愛ってあるんですねえ」

「…」

多美子は眉をしかめて髪をかきあげた。その様子に麻貴と有紗が目くばせして大笑いした。

  1. 3/4

先週の人気記事

最新記事

  • ほんのり甘く、女性にうれしいアロマ‐クラリセージ

    更新日:2018年9月6日

  • スペシャル・インタビュー 第28回 松浦俊夫さん

    更新日:2018年8月31日

  • 長編小説第12話

    更新日:2018年8月28日

  • 多方面に万能!スッキリ爽快な香り-ユーカリ

    更新日:2018年8月1日

  • スペシャル・インタビュー 第27回 芳本美代子さん

    更新日:2018年7月27日

  • スペシャル・インタビュー 第26回 宮尾俊太郎さん

    更新日:2018年7月25日