1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. 第12話 『麻貴のプロポーズ』
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    第12話 『麻貴のプロポーズ』

《2》

名物は塩ホルモンだが、どちらかといえば、麻貴はハラミなど肉系を食べた。翔平はほっそりした体に似合わず、ホルモン系も肉系もよく食べた。
笑いながら麻貴が言った。

「食べるの、早いよねえ、私たち」

「うん。焼肉に会話はいらないね」

「どしたの?」

翔平は口のなかでまだもぐもぐしながら、そう言った。ふと、麻貴は「この人は会話がいらないから、焼肉が好きなのだろうか」と思ってしまった。
お腹が満たされて忘れていた焦燥が、きゅっと胸の下のほうから湧き上がってきた。

「あのね、翔平さん、私、結婚したい」

「え。… 誰と?」

翔平は思わずそう言ってしまった。麻貴の顔がみるみる赤くなり、唇が震えた。

「… 翔平さんとに決まってるじゃない」

「結婚…か」

もう一度、翔平は呪文のようにその言葉を唱えた。
麻貴は少し酔った勢いもあって、堰を切ったように話し始めた。

「あのね、いいの。私は、2番目でいいの。翔平さんは音楽が一番大事でいいの。だから、協力するから。家賃も二人合わせたら、少し広いところが借りられるだろうし。
ていうかさ、会社辞めて、音楽一本にしてもいいよ。うん、家が広くなくてもいい。
私は別に、結婚式とか、指輪とかなんにもいらない。ただ、翔平さんと一緒に生きたい。一緒に心配したり、一緒に朝ごはん食べたりしたいの」

「 … 」

翔平は黙ったままだった。そうしよう、とも、考えておく、とも言わなかった。

「…Noなの?」

麻貴が言うと、翔平は「いや」と言った。
でも、そうしよう、とははっきり言わなかった。麻貴はだんだん、問い詰めるのが怖くなった。
そして二人はいつものように、ベッドに入った。すべてがいつもと同じだった。でも、朝まで眠れなかったのは、翔平のほうだった。

  1. 2/4

先週の人気記事

最新記事

  • ほんのり甘く、女性にうれしいアロマ‐クラリセージ

    更新日:2018年9月6日

  • スペシャル・インタビュー 第28回 松浦俊夫さん

    更新日:2018年8月31日

  • 長編小説第12話

    更新日:2018年8月28日

  • 多方面に万能!スッキリ爽快な香り-ユーカリ

    更新日:2018年8月1日

  • スペシャル・インタビュー 第27回 芳本美代子さん

    更新日:2018年7月27日

  • スペシャル・インタビュー 第26回 宮尾俊太郎さん

    更新日:2018年7月25日