1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. 第12話 『麻貴のプロポーズ』
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    第12話 『麻貴のプロポーズ』

《3》

「今日は午後からリハがあるから」

「そう。また来週かな」

「夜のライブは来てくれないの」

「どこでやるの」

「六本木のSoftwindっていう小さい店なんだけど。この前の、ほら、乃木坂でやったボーカルの人とデュオなんだよ」

「あの人、何歳ぐらい?」

「60歳は超えてる。レジェンドなんだよ。昔、ハービー・ハンコックとプレイしたこともあるんだって」

麻貴は驚いた。どう歳を上に見積もっても、彼女は50代にしか見えなかったから。

「若く見えるねえ」

「息子が僕よりちょっと若いらしいよ」

「へえ」

麻貴はなんとなくまた彼女の歌を聴きたいと思っている自分がいることに気づいた。手帳を見るまでもない。今日は休み。だからここに泊まったのだ。明日は、朝早くから仕事だけれど。

「じゃ、行くよ。頭っから聴きにいく」

翔平はやっとにっこりした。メガネのないときの彼の笑顔が、麻貴は「大好きだ」と思った。

  1. 3/4

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • モヤモヤしている時 ― ラベンダー・ネロリ

    更新日:2020年05月26日

  • 香りとAI、どう融合する?

    更新日:2020年5月22日

  • スペシャル・インタビュー 第76回:今道しげみさん

    更新日:2020年5月21日

  • 『香草子』その5「父と旅する」

    更新日:2020年5月13日

  • スペシャル・インタビュー 第75回:戸賀敬城さん

    更新日:2020年5月1日

  • 弱気になっている時 ― ローズマリー・フランキンセンス

    更新日:2020年04月30日

  • 『香草子』その4「白い蛇のいる家」

    更新日:2020年4月24日

  • 頑張りすぎた目の疲れに、癒しのアロマ

    更新日:2020年4月23日