1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. 第13話 『未知の初デート』
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    第13話 『未知の初デート』

《2》

今年の梅雨は短く、7月中の土曜日に、二人は鎌倉へ行くことになった。待ち合わせは藤沢の江ノ電乗り場に11時。

「希望さん、おはようございます」

「おはようございます、未知さん」

希望はボーダーのTシャツに黒いデニム。未知はまたこの日のために買ったベージュのワンピースに、ビジューのついた茶色いビーチサンダルを履いていた。このビーチサンダルはやはり多美子の入れ知恵だった。「ビジューのついたビーサンとか可愛いんじゃない? あ、ペディキュア忘れずにね」というアドバイスをもらい「ビジュー、ってなんですか」と返信すると「ビジューも知らずに女やってんのかい」と悪態をつかれ、慌ててネットで調べたら、偽物の宝石の飾りのことだとわかった。
ペディキュアは自分で塗った。爪を切って、やすり、100円ショップで悩みに悩んで選んだパールホワイトだった。

二人は並んで座り、江ノ電は動き出した。がたんごとんと、相変わらず小さくてゆったりした電車だ。が、駅に止まるに連れ、インバウンドらしき観光客であっという間に満員になった。

「すごいですね。夏休みはまだなのに」

「この頃は関係ないです。本当に外国人客が増えました」

がたんごとん。がたんごとん。やがて、二人の背中側に海の景色が広がった。二人は交互に首をひねって後ろを見た。

「ああ、いいですねえ」

「ほっとしますね」

「ええ、ほっとします」

なぜほっとするんだろう、と、未知は思った。夏の海はきらきらと波光が目を刺す。同時に同じ方向に首をひねったら、キスしてしまいそうな距離だから、二人は丁寧に交互に首をひねって海を見た。
振り向いて希望の顔に近づくとき、彼の噛んでいるミントのガムの匂いがした。

七里ガ浜まで来ると、完全に海の街の気配が漂った。

「由比ヶ浜で蕎麦でも食って、少し海辺にいきますか。暑いけど」

「はい」

一応、希望にもプランがあるようだったので、未知は任せることにした。

  1. 2/4

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第105回:生島ヒロシさん

    更新日:2021年6月11日

  • スペシャル・インタビュー 第104回:野村義男さん

    更新日:2021年6月3日

  • 気分を上げたい時-バニラ・ピーチ

    更新日:2021年5月31日

  • スペシャル・インタビュー 第103回:土橋安騎夫さん

    更新日:2021年5月28日

  • 『香草子』その16「中堂先生」

    更新日:2021年5月18日

  • スペシャル・インタビュー 第102回:遊佐未森さん

    更新日:2021年5月17日

  • スペシャル・インタビュー 第101回:堂珍嘉邦さん

    更新日:2021年5月6日

  • スペシャル・インタビュー 第100回:葉加瀬太郎さん

    更新日:2021年4月23日