1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. 第15話 『有紗の勇気』
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    第15話 『有紗の勇気』

《2》

洋三の前妻との娘、莉奈は相変わらずあまりしゃべらなかったが、暗いというわけではなかった。しかし、あれこれと彼女を気遣う有紗に、心を開いているというふうでもなかった。

莉奈はあまり食べない子だった。給食を嫌がり、洋三の作るものだけは食べた。

有紗はそれを見るとますます不安になった。でもその不安を、多美子や麻貴や未知…あの女友達たちに話したところで、どうしようもないような気もしていた。
実はもうひとつ、ずっと悩んでいたことがあった。それは、駆け落ち同然に上京してしまった有紗にとって、2年以上も音信普通の両親のことだった。
結婚したことをすぐ報告しようと思っていたが、洋三の離婚と自分との入籍、莉奈の出現と、まるでジェットコースターに乗ったようにいろんなことが押し寄せてきて、そのままになってしまっていたのだった。

渡瀬千裕がやってきて少し店から手が離れたある朝、有紗は思い切って実家に電話をした。

「… もしもし、あ、おかあさん」

「有紗! 有紗やないの。元気にしとうか。今、どこに居とう?」

母親は心底驚いたようだった。そして、音信不通だった有紗を責めなかった。

「ごめんね、おかあさん、私、今、東京で元気にしとう。洋三さんと籍も入れて、で、それで… 今、7ヶ月なんよ」

「へーっ」

息をのみながらも喜んでいるという気配が、一瞬、受話器の向こうから伝わってきた。返ってきたのは思いもしない言葉だった。
「ちゃんと腹帯しとうか」

「は、はらおび… 」

「そうや。腹帯。ほんま、もう、そんなことも知らんやろ。わかった。おかあさん、明日、中山さんに行って、腹帯もろてきて、もっていくから。どこにおるの」

「え」

突然、母親に来ると言われて、有紗はしどろもどろにスマホの電話番号を教え、
東京駅に迎えに行く約束をした。
そして、電話を切って気づいた。
莉奈のことを、説明できなかったことに。

  1. 2/4

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • 長編小説第20話

    更新日:2019年8月20日

  • 夏の簡単ダイエット!アロマ特集

    更新日:2019年8月15日

  • 夏本番!日焼けのケアにおすすめのアロマ

    更新日:2019年8月14日

  • 長編小説第19話

    更新日:2019年8月07日

  • 嘉門タツオさん

    更新日:2019年8月06日

  • 元気になりたいときには ― オレンジ・ベルガモット

    更新日:2019年7月25日

  • 青島広志さん

    更新日:2019年7月19日

  • 栗山廉さん

    更新日:2019年7月16日

  • スペシャル・インタビュー 第49回  熊谷真実さん

    更新日:2019年6月28日