1. HOME
  2. 香草子
  3. その2「町工場パラダイス」
    1. エッセイ
  • その2「町工場パラダイス」

    1. LINEで送る

⚫︎ぶんぶんのブローチ

 祖父は鉄板で囲まれた大きな輪の形の炉で、銘板をくるくる回して乾かしていたり、下からライトのつくデスクの上で修正をしたりしていたり。
 隣の部屋では、吹き付けといって、スプレーで色を板に塗る係の坂口さんというおばちゃんがいた。
 ここが私にとっては最高に面白い場所だった。
 大きな換気扇のようなものが常に回っていて、その前で、エプロンが様々な色でこてこてになっている坂口さんがシューシューとやっている。もちろん手にも赤や青がついているし、時々はほっぺたについていることもあった。
 小さい私は、坂口さんはきっと、おなかのなかもあんな色が付いているに違いない、と想像した。

「あやちゃん、来てみ」

 トコトコついて行くと、どこで捕まえたのか、かなぶんをもっていた。
 当時、私の周りでは、かなぶんを「ぶんぶん」と呼んでいた。

「それどこにおったん」

「飛び込んできたんや」

「ブローチにしたろか」

「うん!」

 虫を愛護する気持ちに立てばひどい話なのだが、坂口さんはぶんぶんの背の羽に赤と青を塗った。羽を固められたぶんぶんは、飛べずに私の体をただただ動き回った。胸元につけたつもりが首筋にあがってきた。

「こそばい… こそばい」

 私はそれをとって窓から出そうとした。が、飛べないので床に落ちた。

「かわいそうやんか」

 喜んだくせに、私は今度は坂口さんを恨んだ。ぶんぶんは飛べなくてしんでしまうだろう。
 子どもは理不尽の塊だ。感情をくるくる変える。
「もう。坂口さんは、もう。あかんで、こんなんしたら。早よ働き」

 坂口さんも子どものような心のおばちゃんだった。

「せっかく可愛らしいブローチ作ったったのに」

 ちょっと寂しそうな顔をして、でも小さい子に「働き、働き」とお尻を押されて、笑っていた。


  1. 2/4

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • デスクワークをアロマでリフレッシュ!

    更新日:2020年7月13日

  • 何もやる気が起きない時 ― ティーツリー・シナモン

    更新日:2020年6月30日

  • 毎朝を気持ち良く!リフレッシュアロマ

    更新日:2020年6月26日

  • スペシャル・インタビュー 第78回:舘野真知子さん

    更新日:2020年6月24日

  • 『香草子』その6「45人の黄色組」

    更新日:2020年6月19日

  • スペシャル・インタビュー 第77回:Asamiさん

    更新日:2020年6月9日

  • モヤモヤしている時 ― ラベンダー・ネロリ

    更新日:2020年05月26日

  • 香りとAI、どう融合する?

    更新日:2020年5月22日