フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. 香草子
  3. その14「12歳のお遍路さん」
    1. エッセイ
  • その14「12歳のお遍路さん」

    1. シェア
    2. LINEで送る

⚫︎バスの中の人生

 カヨちゃんのおばあちゃんとカヨちゃんの3人で行ったはずなのに、今の私にはじぶんが一人でそこに参加したような、不思議な記憶の変容がある。

 それはごく普通の近畿日本ツーリストのお遍路パッケージツアーであった。
 四国八十八ヶ所のうち24の寺を、1週間でめぐるスケジュールが組まれていた。
 その間、テレビ、ラジオ、新聞など、世間の情報からは一切隔絶されなくてはならない。もちろん、家族と連絡を取ることも許されない。
 今ならどうするんだろう。スマホはスィッチオフなのだろうか。

 バスの中には50人ぐらいの人がいたろうか。
 先達さん、と言われる30~40代の男性がしきたりを説明し、次に参る寺について、バスの中で説明してくれた。

 情報は隔絶されても、バスの中には和やかな雰囲気が漂っていた。先達さんは大柄で優しい人だったし「ご接待」と言って、どこへ行ってもお菓子をもらった。寺の周辺の人々はお遍路さんを「小さいお大師さん」のように扱ってくれるのだ。
 道後温泉に行った時、子どもの私にまで、お遍路さんだとわかると「ここをお使いください」と、綺麗な洗い場を先に譲ってもらったりした。
 私は「ありがとうございます」と、お辞儀した。
 人は大事にされれば、また人を大事にしたくなるものだと、知った。

 最初はコミュニケーションがなくても、ずっと一緒にいるのだから、参加者どうしもだんだんと打ち解けた。

 

「あのご夫婦は、お子さんとお孫さんを交通事故で一度に亡くされたらしいよ」

 たまたま隣に座った人から、そんなふうな噂も伝わってきた。お金持ちそうで、しかも人の良さそうな、絵に描いたような立派なご夫妻だった。でも二人はほとんどしゃべらず、にこやかに窓の外を一緒に見ておられた。

「もう2回満願して、3回目らしい」

 バスでも満願までには1ヶ月以上かかる。ひたすらお遍路を続けることで、あの夫妻は失った子と孫と一緒にいるのかもしれなかった。

 私は人生の言うに言われぬ理不尽を思って、やっぱり窓の外を見た。
 バスの外に流れていく景色は、海だったり山だったり、畑だったりした。
 菜の花が、日を浴びて黄色く流れていった。

  1. 2/3

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第191回:浅田美代子さん
  • スペシャル・インタビュー 第190回:Kayaさん
  • スペシャル・インタビュー 第189回:三島有紀子さん
  • スペシャル・インタビュー 第188回:高城れにさん
  • 料理小説『ヒトサラカオル食堂』第13話 本日のお客様への料理『ひと皿ずつの参鶏湯』
  • スペシャル・インタビュー 第187回:真島茂樹さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする