1. HOME
  2. 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
  3. 第2回『LOTUS PLACE』
    1. 特集
  • 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
    第2話『LOTUS PLACE』

《2》

LOTUS PLACE②

友里江とエリカは、外国人観光客向けの巨大なホテルで次の朝を迎えた。

「友里江さん、お風呂入りました?」

エリカは青白い顔で言った。

「入ったわよ。湯船がウィスキーの水割りの色だったけど」
「入ったんですか! チャレンジャーだなあ。私、シャワーにしました」
「結局、同じじゃないの」
「そうですけど」

朝食はバイキングになっていたが、カレーが12種類もあった。
ふたりは注意深く生野菜を避け、豆やほうれん草など、朝からカレーをいくつか選んだ。

「今日明日とデザイナーさんの取材をしたら、最後の日は街をあちこち回って、イメージカットを10くらい撮りましょうね」
「…楽しみですね」

エリカは気持ちの入らない声で言った。友里江は10歳も年下の彼女と仕事をし始めて2年になるが、出発した成田から、いつもとは違う何かを感じていた。どうも、昨日の税関事件のことだけではないようだ。

「エリカどうしたの?なんかあったでしょ」
「わかりますか」
「わかるよ、元気ないもん」
「… 友里江さん、わかっちゃうんだ」

ふう、とため息をついて、エリカは鎖骨を丸くした。

「彼氏とけんかしました」
「けんかくらい、仲直りすれば…」
「いや、もう、無理なんです。私が無理で。オーストラリアの人なんですけどね。国に一緒に帰ろうって言われて。あの、彼のことは好きなんですけど、家族のこととか、わからないじゃないですか。それにすごい田舎なんです。そこで何もしないで、主婦をして子どもを生んで、暮らしていく自信がなくて」
「…」

東京で、好きなことをして生きている彼女のその不安が、友里江にはわかる気がした。

「それは…けんかっていう問題じゃないね」
「でも彼はとっても優しいんですよね。今まで付き合った人のなかで、あんなに優しい人はいませんでした。ご飯作ってくれるし」
「ご飯作ってくれるんだ」

友里江はふっと目線を落として、思いきったように言った。

「私も、最近、ご飯作ってくれるような男の人と、別れたんだよ」。

  1. 2/4

先週の人気記事

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第34回 滝ともはるさん

    更新日:2018年11月8日

  • 太りやすいこの時期に!ダイエットに役立つアロマ

    更新日:2018年11月7日

  • スペシャル・インタビュー 第33回 大野えりさん

    更新日:2018年10月29日

  • 幅広く活躍するフレッシュな香りレモングラス

    更新日:2018年10月17日

  • ハロウィンの魔除けにはアロマが使われていた!?

    更新日:2018年10月12日

  • スペシャル・インタビュー 第32回 曽我廼家八十吉さん

    更新日:2018年10月9日

  • スペシャル・インタビュー 第31回 Moecoさん(松下萌子さん)

    更新日:2018年10月5日