1. HOME
  2. 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
  3. 第3回『仙石原の月』
    1. 特集
  • 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
    第3話『仙石原の月』

《3》

仙石原の月③

登山鉄道を強羅で降りると、宏之と絵津子はまず指定された昼食場所へ向かった。

大きな旅館の離れであるが、古い立派な洋館だ。

「岡崎様でいらっしゃいますね。いらっしゃいませ」

明治時代の書生のように袴をはいた若い男が小走りに出てきて、なかへと誘った。

「なんでわかったのかしら」
「この時間に予約したのが俺たちだけだったんだよ」

ふたりは納得して靴を脱いで中へ入った。

「宮様が住んでおられたお屋敷なのね。まあ、こんなところに来られるなんて」

絵津子は興奮気味に、入り口にある大きな鏡を覗き込んだ。
自分の後ろに手術してから短髪にした髪が白くなった宏之が、靴を脱ぐのが映っていた。

ふたりは窓際の席に案内された。
梨沙子がメニューも選んでくれているらしく、秋の彩りをちりばめた懐石料理が一皿ずつ運ばれてくる。

「いろいろ考えてくれたのね、あの子…。こんなことができるのに、なんでお嫁にいかないのかしら」

絵津子が菊の花を合わせたお浸しを口に入れると、宏之も食べながらぽつりと言った。

「仕事が楽しいんだろう」

「仕事仕事、って…」

絵津子のその言葉に、宏之はふと自分が責められているような気がした。
思えば長いこと、本当に仕事が大事だった。宏之は香料の製造会社にいて、調香師とまではいかないが、技術職だった。最後は部長だったが、管理職が本格的になってからの病気だった。
嗅覚を頼りにしてきた彼が、嗅覚を失うというのはなんとも皮肉なことだった。

いつになく、絵津子の言葉を宏之は少し笑って肯定した。

「あいつ、俺の背中を見て育ったかな」

そこで憤慨したり皮肉を言ったりしない宏之のことが、絵津子は少し寂しかった。

病は人の心を弱らせる。お椀をすする夫の丸い背中を、絵津子は見るともなく見つめた。

  1. 3/4

先週の人気記事

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第34回 滝ともはるさん

    更新日:2018年11月8日

  • 太りやすいこの時期に!ダイエットに役立つアロマ

    更新日:2018年11月7日

  • スペシャル・インタビュー 第33回 大野えりさん

    更新日:2018年10月29日

  • 幅広く活躍するフレッシュな香りレモングラス

    更新日:2018年10月17日

  • ハロウィンの魔除けにはアロマが使われていた!?

    更新日:2018年10月12日

  • スペシャル・インタビュー 第32回 曽我廼家八十吉さん

    更新日:2018年10月9日

  • スペシャル・インタビュー 第31回 Moecoさん(松下萌子さん)

    更新日:2018年10月5日