1. HOME
  2. 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
  3. 第6回『横顔だけのクリスマス』
    1. 小説
  • 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
    第6回『横顔だけのクリスマス』

《3》

横顔だけのクリスマス③

 クリスマスセアンスが近づくと、料理クラブの希子たちは全校生徒分のジンジャークッキーを焼くことになっていた。甘くてスパイシーな香ばしい匂いが、調理室から廊下へとあふれていた。人型のクッキーを乾燥させ、ハトロン紙に包んで細い赤のリボンで結ぶ。そんな作業で遅くなった日、ふと隣の家庭科室を見ると、谷沢神父がアイロンがけをしていた。暖房の切れた部屋に、アイロンの湯気が白く見える。

「あの、何をなさっているんですか」
「ああ、聖歌隊のマントをね、きれいにしておこうと思いまして」
「そんなこと、神父様がなさるんですか。シスターが…」
「シスターは朗読隊のほうのをやってくださっているようです」
「…」

 押し付けられたのかもしれない、と希子は思った。

 オールバックの髪をグリースで固めた神父の横顔は、いつもよりちょっと悲しげに見えた。すぐそばに立つと、そのグリースの匂いがした。男の人の香りだ、と希子は思った。

「お手伝いします」と、言い終わらないうちにアイロンと台をもう一つ取り出し、生成り色に茶色のブレードがついたマントを1枚とって、希子はアイロンをかけ始めた。

「どうもありがとう。君の名前は」
「クマダノリコです」

 二人は20着あるマントにアイロンをかけながら、なんとなく話し始めた。希子は思わず、こんなことを聞いた。

「神父様って、結婚できないんですよね。恋愛したことは一度もなかったのですか」

 谷沢神父はアイロンをかけながら、人懐っこい細い目でにっこり笑った。

「学生時代に一度だけありますよ。でも彼女は、天に召されましたから」
「あ…」

 希子はあわててアイロンを置き、彼のほうを向いて、頭を下げた。
「ごめんなさい。余計なことを。そんな悲しいことが…」

 彼は相変わらずアイロンをかけながら、言った。

「天に召されることは、悲しいことではありません。もっともそれを理解するために、私は神様のもとで学び、祈ってきたのです」

 夕焼けのピンク色が窓の外に広がっていた。そのときの谷沢神父のリーゼントの横顔と、その窓の外のピンク色と、ジンジャークッキーの香りを、希子は今もはっきり思い出すことができる。

  1. 3/4

先週の人気記事

最新記事

  • ほんのり甘く、女性にうれしいアロマ‐クラリセージ

    更新日:2018年9月6日

  • スペシャル・インタビュー 第28回 松浦俊夫さん

    更新日:2018年8月31日

  • 長編小説第12話

    更新日:2018年8月28日

  • 多方面に万能!スッキリ爽快な香り-ユーカリ

    更新日:2018年8月1日

  • スペシャル・インタビュー 第27回 芳本美代子さん

    更新日:2018年7月27日

  • スペシャル・インタビュー 第26回 宮尾俊太郎さん

    更新日:2018年7月25日