1. HOME
  2. 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
  3. 第7回『赤い実のなる木』
    1. 小説
  • 連載読み切り短編小説『香りの記憶』
    第7回『赤い実のなる木』

《2》

赤い実のなる木②

 葉奈が思い出す父親は、いつも庭にいる。
 子どもの頃から、いつも休みの日の父親は庭にいたからだ。
 父親は地元で警察官として定年を迎え、去年、63歳で警備会社も辞めた。
 今は好きな庭いじり三昧だ。田舎だから、庭は広くて手がかかる。
 ゲッツキの垣根、ハナミズキ、梅。手洗い所のそばのいちじく。おもとに、シダ。夏には朝顔、秋には菊。
 種類はバラバラで、ガーデニングと言えるほど洒落た木はない。
 いつだったか、クリスマスに買ったもみの木も、もう誰もが見上げるほどの高さに成長している。
 なかでも、葉奈はゲッツキが好きだった。夏に白い小さな花が咲き、ジャスミンのようなやさしいいい匂いがする。
 だからかどうか、いまだにジャスミンの香りを手にとることが多い。オーデコロンも、部屋のディフューザーに使うアロマオイルも。

「お父さん、なんでこの木は白い花が咲くのに、赤い実がなるんやろな」

 ある年の冬、まだ小学校低学年だった葉奈が、父親にそう尋ねたことがあった。
 日焼けした顔に白目のところだけ白い父親は、赤い実をひとつつまんでセーターの下のシャツでこすり、ちょっとかじって言った。

「木は花を咲かせるのに一生懸命や。その後、何色の実がなるんかまでは、知らんやろ」

 葉奈は「そんなさびしいこと」と、子ども心に思った。が、その気持ちをどう言葉にしていいかわからず、黙っていた。

「かじるか」

 父親は赤い実を葉奈に差し出した。葉奈は頷いてそれをかじった。

「甘…ううん、苦い」

 顔をしかめた葉奈を見て、父親は顔をくしゃくしゃにして笑った。

  1. 2/4

先週の人気記事

最新記事

  • ほんのり甘く、女性にうれしいアロマ‐クラリセージ

    更新日:2018年9月6日

  • スペシャル・インタビュー 第28回 松浦俊夫さん

    更新日:2018年8月31日

  • 長編小説第12話

    更新日:2018年8月28日

  • 多方面に万能!スッキリ爽快な香り-ユーカリ

    更新日:2018年8月1日

  • スペシャル・インタビュー 第27回 芳本美代子さん

    更新日:2018年7月27日

  • スペシャル・インタビュー 第26回 宮尾俊太郎さん

    更新日:2018年7月25日