1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第100回:葉加瀬太郎さん(ヴァイオリニスト)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第100回:葉加瀬太郎さん(ヴァイオリニスト)

    1. LINEで送る

《2》2秒で葉加瀬太郎だとわかる音楽を

 葉加瀬さんの作る曲は、ロマンティックな曲はどこまでもロマンティックに、壮大な曲はどこまでも壮大に、メロディが心に残ります。

「僕は常々、作った曲がいろんな人の人生の中で使えるものであって欲しい、と思っています」

 そんなふうに思い始めたのは、20歳の頃。

「4歳からヴァイオリンを弾き始めて、10歳の時ヴァイオリニストになろうと決めて。18歳の時には学園祭でコンサートを企画し始めて。20歳を超えた頃、僕にしか奏でられないメロディーを作ろう。どんなちっちゃなスピーカーでそれが流れても、2秒で葉加瀬太郎だとわかるようになろうと」

 まさに『情熱大陸』も『Another Sky』もそんな曲。

「レコードを制作している中で、歌だと思って弾いています。そのことが、ここ10年ぐらい、さらに心地よくなってきました。今はおかげさまで、2秒で葉加瀬太郎だとわかるようになってきたのかな。でもここで甘んじることなく、ヴァイオリンの可能性はもっともっとあるので、いろんな音にチャレンジしていきたいと思っています」

 情感豊かなフレーズは、どこから生まれてくるのでしょうか。

「どういう曲を書くかということは、どんな曲を聴いてきたかに尽きるのです。高校生になる前のクラシック小僧だった僕としては、19世紀のロマン派の音楽にフォーカスしてきました。ドビュッシー以降は全く別物になります。小説のように、映画のように、個人の人生が投影された音楽ですよね。だから僕が好きな音楽家はブラームス、アレトン・サルバニーニ、カルロス・ダフェ、ピアソラ、パット・メセニー、坂本龍一。それだけあれば大丈夫!」。

葉加瀬太郎さん

  1. 2/3

キャンペーン

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第101回:堂珍嘉邦さん

    更新日:2021年5月6日

  • スペシャル・インタビュー 第100回:葉加瀬太郎さん

    更新日:2021年4月23日

  • 初夏の屋外レジャーに!おすすめアロマグッズ

    更新日:2021年4月23日

  • 人気アロマをご紹介!〜春の香り〜

    更新日:2021年4月15日

  • 『香草子』その15「野営の香り」

    更新日:2021年4月15日

  • スペシャル・インタビュー 第99回:林英哲さん

    更新日:2021年4月7日

  • スペシャル・インタビュー 第98回:植木理恵さん

    更新日:2021年4月1日

  • 緊張を鎮めたい時-ラベンダー・フランキンセンス

    更新日:2021年3月30日