フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第103回:土橋安騎夫さん(音楽プロデューサー、作曲家、キーボーディスト)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第103回:土橋安騎夫さん(音楽プロデューサー、作曲家、キーボーディスト)

    1. シェア
    2. LINEで送る

《2》レベッカと、poison

 2019年に発表されたカバーアルバム『 Sho-ta with Tenpack riverside rock’n roll band4』では、土橋さんが作曲したレベッカ時代の「フレンズ」や「ラズベリードリーム」も田村直美さんのパワフルな歌声で収録されています。今聴いてもなんて新鮮で心が突き動かされるようなメロディ。土橋さんはレベッカをこんな風に振り返ります。

「一番最初に組んでデビューしたバンドだし、自分の音楽活動の礎になっているのは事実ですね。レベッカをやる以外の道はなかったし。そのときは音楽を選ぶというよりは、自分に与えられたものに、精一杯力を注ぐしかないと。だからこそ新鮮で作品がたくさん生まれたと思います。いろんな人と知り合って、それまで持っていなかった音楽的知識を入れられた。だからやっぱり、自分のベーシックにあるかな」

 レベッカ時代に訪れたニューヨークで、こんな香りの思い出も。

「当時、まだ日本に上陸していなかったpoisonという香水が大人気でみんなつけていて。そうしたらブルーミングデールズからメイシーズから、デパートもすごい匂いなんですよ。その後、NOKKOが考えてアルバムタイトルにもなりましたね」

 poisonは、1985年、クリスチャン・ディオール社から発売された香り。香水に「毒」という名前をつけた大胆さ、アメジスト色でりんごの形のボトル、リコリス、アーモンドからバニラとムスクへ移っていく強く甘やかな香りで、その後、日本でも大ブレイクしました。
 レベッカのアルバムタイトルになったことは人気の相乗効果があったかもしれません。
 それほどに、レベッカは強い存在感をもち、当時の若者たちに影響力を持ったバンドでした。

土橋安騎夫さん

  1. 2/3

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第202回:坂本頼光さん
  • スペシャル・インタビュー 第201回:ドリアン助川さん
  • 料理小説『ヒトサラカオル食堂』第16話 本日のお客様への料理『会えない夜のシュクメルリ』
  • 第8回:熊谷直久さん・畑元章さん・小仲正克社長
  • スペシャル・インタビュー 第200回:林家たい平さん
  • スペシャル・インタビュー 第199回:永田和宏さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする