1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第105回:生島ヒロシさん(フリーアナウンサー)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第105回:生島ヒロシさん(フリーアナウンサー)

    1. LINEで送る

《2》贅を尽くした家のなかにあった、東洋のお香の香り

 4年間のアメリカ修行時代に、生島さんは日本では見ることのできないものもたくさん見てきたようです。

「実はアメリカ時代に、僕は庭師をしていたこともありました。アメリカ人のお金持ちの家に行くと、常にいい香りなんです。ハウスキーピングが行き届いていて。ビバリーヒルズやオレンジカウンティあたりの家ってとてつもなく広い。常にいい香りがしているんです」

 特に思い出に残っている家がありました。

「僕がお世話になったロデオドライブのフリーモントプレイスは35世帯しかない24 hour gated community。巨大な柵でその住宅地が囲まれているんですね。デザイナーの人に紹介されて行ったら、日本人で初のVOGUEモデルになった女性とその夫の家でした。玄関を入るとペルシャ絨毯がドーンと敷いてあって、いろんな国のアンティークが飾られていて。そのお宅は、お香の香りだったんです。東洋へのリスペクトがあったのでしょうか、とても印象に残っています」

生島ヒロシさん

 そのお宅には様々な贅沢がありました。

「電動で上半分が起き上がるベッドでね、介護ベッドでもないのに(笑)。起き抜けの2階の窓から、海を見られるんです。コミュニティのヨットハーバーが見えて。トリコロールカラーでコーディネートされているんです。それに、どこの部屋へ行っても音楽が流れていてね。今はgoogleがあるから当たり前かもしれないけれど、当時はすごいなあと思いました」

 若い頃の感動は一生の財産になる。生島さんは、そんな経験をされたことから、自身のご家族にも本物のリゾートを体験させています。

「お金のないときは近場の温泉でしたけど。家族旅行は夏と冬は必ず行っています。ドバイの七つ星ホテルも行きましたし、一番すごかったのはフィリピンの島。アマンリゾートの会長が行くという、プライベートコテージに泊まったんです。プールがドーンとあって、端端に4棟のコテージ。キッチンも専属シェフがいた。僕らドキドキして、何か頼んだらまたお金がかかるんじゃないかとか思ってね(笑)。全部含まれてるのにね。日本に帰ってからは、しばらくケチケチしていたなあ(笑)」

 そんな思い出はお金に替えられない、心の財産です。

生島ヒロシさん

  1. 2/3
フレグラボ公式Twitterを
フォローする

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第108回:野村宏伸さん

    更新日:2021年7月21日

  • ハーブティー、どれを選ぶ?

    更新日:2021年7月16日

  • スペシャル・インタビュー 第107回:服部百音さん

    更新日:2021年7月14日

  • 『香草子』その18「文芸部のヘンな私たち」

    更新日:2021年7月7日

  • スペシャル・インタビュー 第106回:田村直美さん

    更新日:2021年7月2日

  • 自然を感じたい時ーヒノキ・サンダルウッド

    更新日:2021年6月30日

  • ジメジメを吹き飛ばす!爽やかアロマグッズ

    更新日:2021年6月24日

  • 『香草子』その17「香りの丘の修道女たち」

    更新日:2021年6月18日