1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第113回:池畑慎之介さん(歌手、俳優、タレント)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第113回:池畑慎之介さん(歌手、俳優、タレント)

    1. LINEで送る

《2》所作の一環としてある、お香をたくルーティーン

 人気者になったピーターに様々な仕事がやって来ましたが、偏見や誤解もたくさんありました。

「例えばね、週刊誌でインタビューされると、全部語尾を女言葉にされてしまったり。だんだん、自分とは違うピーターが作られてしまうのがとても嫌でした。それで、24歳の時、ニューヨークへ行ったんです。そこで本当にやりたいことに出会えました。舞台もたくさん観ましたね」

 30歳を過ぎた頃、黒澤明監督の『乱』で重要な狂言師役に抜擢されました。

「その時は、池畑慎之介でいこうと思ったのだけれど、黒澤監督が、”ピーター”の方がみんな知ってるから”ピーター”でいいんじゃないか』っておっしゃってね」

 さすがに3歳から芸事を仕込まれた池畑さんの所作はとても美しいもの。それ以前から時代劇の着物姿はありましたが、10代でも自分で着物をさっと着る姿に、スタッフは感心していたといいます。

「着物の着方、所作。そういうものがちゃんとしていると、ちゃんとしているから、ちゃんと扱ってもらえるのです」

池畑慎之介さん

 お香をたくという習慣も、そんな所作とともに身についたことの一つ。

「楽屋で、稽古場で、最初にお香をたく。お客様をお迎えするときに、玄関でお香をたく。そういうことは当たり前だったのです。今は楽屋では先に入る人がたいておいてくれたりしますけれど。70歳を目前にして、そういうルーティーンにまた落ち着いている自分がいますね。桐の箱を開け、一本のお香を出して、煙が出るまでの所作がとても落ち着くのです」

 ご自宅には、大事にしている香炉もお持ちだそう。

「鳥が羽を広げている形の、鉄の香炉がありまして。でも火を使うのはこの頃ちょっと怖いですね。だいたい、なんでもオール電化にしています」

 好きな香りも決まっています。

「トイレットペーパーも白檀の香りのものを使っていますが、洋ものだとちょっと甘い香りが好きです。バニラとか、ココナッツとか」

 生活の中に、自然と香がある。その当たり前さが池畑さんの品につながっているようです。

池畑慎之介さん

  1. 2/3
フレグラボ公式Twitterを
フォローする

スペシャルムービー

最新記事

  • 季節の変わり目のプチ不調に!整うアロマ

    更新日:2021年10月18日

  • スペシャル・インタビュー 第116回:千倉真理さん

    更新日:2021年10月15日

  • 『香草子』その21「菊を愛でるひと」

    更新日:2021年10月7日

  • 凛とした香りースズラン・ネロリ

    更新日:2021年10月5日

  • スペシャル・インタビュー 第115回:辻本美博さん

    更新日:2021年10月1日

  • スペシャル・インタビュー 第114回:浅葉克己さん

    更新日:2021年9月22日

  • スペシャル・インタビュー 第113回:池畑慎之介さん

    更新日:2021年9月17日

  • 『香草子』その20「祭りの起承転結」

    更新日:2021年9月8日