フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第135回:吉俣良さん(作曲・編曲家)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第135回:吉俣良さん(作曲・編曲家)

    1. シェア
    2. LINEで送る

《2》曲を粗雑に扱われると細胞が傷むから

 映像に対してどんな曲が求められているのか。サウンドトラックを作曲する打ち合わせは、そのドラマのコンセプトをどう解釈するかから始まるようです。
 2008年の大河ドラマ『篤姫』のサウンドトラックは、CDとしても大ヒットになりました。

「大河ドラマは1年間放送されますから、楽曲数もかなりの数になります。打ち合わせは1回3時間くらいかけて、このシーンのどういう曲なのかという話をしました。例えば、せつない曲、と言っても、その場面に2人がいて、別れゆこうとする人と一緒にいたい人がいた場合、どちらの目線で書くのかで曲は変わります。男性にフォーカスされて、遠くに女性が映っていた場合、それは男性が彼女を見ている視線なのか、それとも彼女の面影なのか。そういう微妙な違いもあるんです」

 NHKのドラマ『聖女』を手がけた時は、こんなことがあったとか。

「最初に台本を読んだ時は、昼メロみたいな内容だなと思ったんですよ。で、プロデューサーに話してみたら『違うんです。これは聖女の話なんですよ、吉俣さん』と言われて。王道だから、音楽で寄り道もさせたい。耳でも引くくらい攻めてみましょうということになって。プロデューサーが堂々とコンセプトをもっていたんです。僕はそんなふうに吉俣良の曲が好きだから、一緒にがっつり組みたいんだという人と仕事をしたい。台本からでも参加したいと思っています」

 自分の曲を愛してくれているかどうかは、使い方でわかると言います。

「もう63歳だから。この歳まで、ドラマや映画に、さまざまな曲を提供してきました。あと何年できるかなという気持ちもあるし、だからこそ、本当に僕の曲を大事に使ってくれる人とやりたいなと思うんです。作った曲を粗雑に扱われると、細胞が傷むんですよね」

 1曲1曲に、吉俣さんは全身全霊で打ち込んでいるのです。

吉俣良さん

  1. 2/3

最新記事

  • 愛読者様ご招待イベント 鎌倉・鬼頭天薫堂で「香木を聞く、味わう」
  • スペシャル・インタビュー 第213回:鶴田真由さん
  • スペシャル・インタビュー 第212回:近浦啓さん
  • ヨガとマントラと、お香が漂う空間を愛して
  • スペシャル・インタビュー 第211回:春風亭一之輔さん
  • スペシャル・インタビュー 第210回:春野恵子さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする