フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第143回:エダジュンさん(料理研究家、管理栄養士)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第143回:エダジュンさん(料理研究家、管理栄養士)

    1. シェア
    2. LINEで送る

《2》飲食店は9割大変。でも1割だけ、泣くほどの感動がある

 エダジュンさんが料理に興味を持ったのは、子どもの頃のこと。

「母方の伯母が、岩手で喫茶店を営んでいたのです。オムライスとか、サンドイッチとかもあるような。昼間は近所の人たちがそこでコーヒーを飲んで、穏やかに和んでいるような店でした。そこへ行くと美味しいものが食べられて、達郎やユーミンやサザンがかかっていて、とてもいい時間が流れていて。その感じにとても憧れたんです。こういう空間で料理を作ってみたいなと」

 美味しいものは人の気持ちをあたたかくする。エダさんは、大学で管理栄養士の資格を取りました。

「大学で食を学ぼうと思うと、管理栄養士しかないんです。その頃はまだ、飲食店をやりたいという夢を持っていました。それで、スープストック東京をやっている会社へ就職したのです。でもそこで分かったのは、ただ美味しいものを作ればいいだけではなくて、運営の大変さもあるということでした。9割は大変。1割だけ、泣くほどの感動があるのです」

 店長も経験し、目標にしていた本社業務にも携わったエダさん。でも、本社では人間関係に疲れてしまい、退職されたそう。

「そこで、海外へ行こうと。アジアごはんに興味があったので、ベトナムに1ヶ月バックパッカーをしました。上はハノイから、下はホーチミンまで。バスで横断しようと。食べる、考える、景色を見る。それだけの毎日。正直、やることはそれだけですから、これから先のことばかり考えるようになりました。そういえば、店を持つことと、もう一つ、中学生の頃に小林ケンタロウさんのレシピ本を持っていて、こんな人になりたいなあと思ったことを思い出したんです。でも、そういうのって『タレントになりたい』と言うみたいで恥ずかしいじゃないですか。おこがましいというか」

 その時28歳。エダさんは考えました。

「30歳になるまで2年間は、夢を追いかけてみよう!」

 簡単ごはんのブログから、パクチーボーイとしてのInstagramへの挑戦の2年間はそうして始まったのでした。

エダジュンさん

  1. 2/3
フレグラボ公式Twitterを
フォローする

スペシャルムービー

最新記事

  • バックグラウンドインタビュー 第19回:サントリーグローバルイノベーションセンター株式会社 田中良和さん(研究部 上席研究員、理学博士)、中村典子さん(研究部 工学博士)

    更新日:2023年1月26日

  • 料理小説『ヒトサラカオル食堂』本日のお客様への料理『ジュエリー・ペンネ』

    更新日:2023年1月23日

  • 香り豊かな美味しいチャイをいれましょう

    更新日:2023年1月18日

  • スペシャル・インタビュー 第153回:及川眠子さん

    更新日:2023年1月13日

  • スペシャル・インタビュー 第152回:大久保麻梨子さん

    更新日:2023年1月5日

  • スペシャル・インタビュー 第151回:かの香織さん

    更新日:2022年12月20日

  • 葉山の優雅なクリスマス

    更新日:2022年12月16日

  • スペシャル・インタビュー 第150回:伊東ゆかりさん

    更新日:2022年12月8日