フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第176回:髙木凜々子さん(ヴァイオリニスト)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第176回:髙木凜々子さん(ヴァイオリニスト)

    1. シェア
    2. LINEで送る

《2》小4のとき、ヴァイオリニストになろうと決めた

 「母親のお腹の中にいるときからヴァイオリンの音色を聴いていたことになりますね」

 そう言って微笑む髙木さんが初めてヴァイオリンを触ったのは、2歳のとき。

「祖父母の家に転がしてあった、壊れたバイオリンを引っ張り出して、『ドラえもん』に出てくるしずかちゃんのようにギコギコと弾いたそうなんです(笑)」

 その壊れたヴァイオリンは、彼女のお母様の妹が使っていたものだったそう。
 2歳の髙木さんがギコギコと弾いた。それがどんな音だったとしても、ご家族は彼女が自分でヴァイオリンを手に取って弾き始めたことに驚き、きっと幸せな気持ちでいっぱいになられたのではないでしょうか。

「3歳からは習いに行くことになりました。でも幼稚園や小学1年生くらいまで、私はどんな家庭にも一家に1台、ヴァイオリンがあると思っていたんです!」

 他の楽器には興味がまったく湧かなかったようですが、ヴァイオリンのレッスンは厳しく、辛いと思ったこともあったよう。

「帰りたくないなと思ったことはありましたが。小2から出始めたコンクールではすべて1位でした。ただ、その時点で、譜面は読めていなかったんです」

 耳で音を聴きとって覚え、弾いていたという幼少時代。それもすごい技量ですが、いよいよ、この先本気でやっていくのかどうかと決断を迫られたのは、小4のときでした。

「両親に『この先、本当にやっていくなら、生半可なことでは無理。他の道に行きたければ、それなりの進学塾に行きなさい』と、言われました。私は勉強は嫌いだったので、だったらちゃんと譜面や音楽の勉強をもっとしよう。ヴァイオリンに打ち込んでみよう。ヴァイオリニストになろう、と」

 それでも、小学生のときは、毎日のように泣いていたと言います。

「友達と遊ぶ暇もなくて、休日はずっと練習ですから。運動会って土曜日にやるんですよね。そうすると、ちょうど音楽教室があるし、参加できない。行事にはことごとく参加できなくて、それが辛かったです。でも辞めなかったのは、やっぱりどこかでヴァイオリンが好きだったのかもしれません」。

髙木凜々子さん

  1. 2/3

最新記事

  • 捨てていた根っこから育つ!生まれ変わった野菜たちのみずみずしい香りと暮らす
  • スペシャル・インタビュー 第207回:えまおゆうさん
  • スペシャル・インタビュー 第206回:古坂大魔王さん
  • スペシャル・インタビュー 第205回:秋本奈緒美さん
  • スペシャル・インタビュー 第204回:富名哲也さん
  • 料理小説『ヒトサラカオル食堂』第17話 本日のお客様への料理『蕗と厚切りベーコンの煮もの』

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする