フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第188回:高城れにさん(ももいろクローバーZ、俳優、歌手)
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第188回:高城れにさん(ももいろクローバーZ、俳優、歌手)

    1. シェア
    2. LINEで送る

《2》その時の特別な気持ちを共有できることが、ライブの魅力

 昨年12月は、東京・明治座で「ももいろクローバーZ」としては初のミュージカル公演をしたばかり。しかし、それはそれ。今回はまた全然違うようです。

「作品の作り方も全く違いますし、今回は三浦さんの作品ですからね。ゴリゴリのモノノフさんたちにしてみたら、全く知らない世界を観ていただくことになると思います。いい作品にしたい気持ちは、ももクロであれ、ソロであれ、変わらないんですけどね」。

 ももクロでの活動と、ソロでの活動。
 その違いをもう少し詳しく語っていただきましょう。

「まず、ももクロでの活動もソロでの活動も、良いものを見せたいという気持ちは同じです。でもアイドルグループとしてのパフォーマンスは、身体と耳で覚えるんですね。慣れてくるとそんなに頭を使わなくて、無我夢中です。それはそれで楽しいんです。グループは協調性も大事で、アイコンタクトやお互いのフォローの仕方も独特です。たとえば、誰かが歌詞を飛ばしたら、代わりにうたってあげるとかできます。それに対して、舞台はひとりひとりが自分全開で演じて、ひとつの作品を仕上げていくという感じです」

 しかし、共通するのはライブという魅力。

「その時の自分自身を観てもらうということ。その時の感情を観に来てくれる人にプレゼントできること。特別な気持ちを共有できることが、ライブの魅力ですよね」

 例年、年越しの『ももクロ歌合戦』のあとは、ゆったりしているそうですが、今年は大忙し。

「年内までは本当に忙しくて、1月はゆるやかに過ごしているんです。年越しの後は眠らないで、家族で初詣に行って、お墓参りに行くというのがきまりなんですね。30歳になったんで、朝まで起きてられないんじゃないかと思いましたが、なんとかそのリズムを崩さずに頑張れました。今年は気持ちも新たにというのもあり『舞台』で切り替えて頑張ろうと」

 ほとんど休みなしに突入した舞台稽古。忙しい人ならではの、気持ちの切り替えの上手さが、高城さんにもあります。

「基本、休みになると熱が出ちゃうようなタイプなんで。ただ、この間、急に1日休みになったので、昼まで寝て、好きなアニメやドラマを見て、一人でCoCo壱に行って、家に帰ってぐうたらしました」
 とはいえ、そんな休みは滅多にないようです。なんと舞台の休演日にも、ももクロの仕事が入っているのだとか。

「15年続いているももクロの活動は、私にとって青春そのもの。青春真っ只中なんです。だから年齢に関係なく続けていきたい。何があっても辞めたくないです。ももクロがあっての、私のソロのお仕事だと思うので。実際、一つずつの仕事がどちらにとっても刺激になっています。ドラマやミュージカル、すべて勉強してみたい。でも今はこの作品を大成功させたいです」。

高城れにさん

  1. 2/3

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第191回:浅田美代子さん
  • スペシャル・インタビュー 第190回:Kayaさん
  • スペシャル・インタビュー 第189回:三島有紀子さん
  • スペシャル・インタビュー 第188回:高城れにさん
  • 料理小説『ヒトサラカオル食堂』第13話 本日のお客様への料理『ひと皿ずつの参鶏湯』
  • スペシャル・インタビュー 第187回:真島茂樹さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする