フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. ヒトサラカオル食堂
  3. 第2話 本日のお客様への料理『小鍋きりたんぽ』
    1. 小説
  • 第2話 本日のお客様への料理『小鍋きりたんぽ』

    1. シェア
    2. LINEで送る

🥂2glass

 幸は「正直な人」と言われると、なんだか痒いような気持ちになった。17歳から客商売を始めて、40年にもなる。嘘もいっぱいついた。まあ、相手を気持ちよくさせるための嘘だけれど。
 話題を食べ物に変えてみた。

「矢作さん、お腹は空いてらっしゃいます?」

「ペコペコだね」

「正直な方ですね」

 2人は笑い合った。幸は冷蔵庫から用意していたものを出してきた。

「これ、作ってみたんです。きりたんぽ」

 炊いたご飯を半分くらい潰し、杉の木の串に巻き付けて、焼いたものだった。
 矢作はそれを見てほっこりした笑顔を浮かべた。

「本物だね。ちゃんと杉の串じゃん」

「はい。三関のせりも、比内鶏のスープも買ってきました」

「いいねえ」

 紳士はふと、遠い目をした。

「教授の紹介の見合い結婚だったんだけれどね、一度だけ、僕の狭い下宿に彼女…、今の妻が来てね。ちっちゃい鍋で、きりたんぽをやったことがあったなあ」

「素敵な思い出ですね。奥様も呼んじゃいますか」

「え。いや、寒いし、出てこないよ、きっと」

「そうですか。じゃ、1人前で。あ、お酒どうしますか」

「熱燗にするかな」

「はあい」

 幸は青い徳利をお湯に沈めた。

  1. 2/3

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第202回:坂本頼光さん
  • スペシャル・インタビュー 第201回:ドリアン助川さん
  • 料理小説『ヒトサラカオル食堂』第16話 本日のお客様への料理『会えない夜のシュクメルリ』
  • 第8回:熊谷直久さん・畑元章さん・小仲正克社長
  • スペシャル・インタビュー 第200回:林家たい平さん
  • スペシャル・インタビュー 第199回:永田和宏さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする