フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. ヒトサラカオル食堂
  3. 第13話 本日のお客様への料理『ひと皿ずつの参鶏湯』
    1. 小説
  • 第13話 本日のお客様への料理『ひと皿ずつの参鶏湯』

    1. シェア
    2. LINEで送る

🥂Glass 2

 幸はアルザスのリースリングを抜いた。食事をした後、少しほろ酔い。程よい酸味があって、ワインだけでもすんなりと楽しめる味。でもきっといろんなものを飲んでいそうな3人だから、イタリアやチリではなさそうな気がした。
 3つのグラスを供して、幸は微笑んだ。

「仲が良いんですね。ゆっくりされてください」

「はーい」

 女性は小さく顔の横に手を挙げて、話しだした。

「最初は、こっちが彼氏だったんです。でも、今は、こっちが夫です」

「よせよ」

 夫と言われたメガネの男が手で女性の口を塞ごうとした。

「いいじゃない。もうほとんど40年前よ。最初はこの人が彼氏だったんだけど、浮気ばっかりするし。私、ほんと、気持ちが落ち着かなくて。そうしたらこっちの人が、俺が一生守る。君を守る、って言うもんだから。結婚して…35年? 3月で35年じゃない?」

「ま、そのくらいだろうなあ」

「でしょう。まあでもね、みんなもうすぐ還暦だし。もうなんか、全部、思い出だし」

 黒タートルの男は黙って聞いていたが、ぽつりと言った。

「オレ、帰るわ。あの、まだ仕事残っててさ」

 幸は思わず言った。

「ええっ、お帰りになるんですか」

「あ、まあ、これ、飲んだらにします」
 グラスのワインは、注がれたばかりだった。

  1. 2/3

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第191回:浅田美代子さん
  • スペシャル・インタビュー 第190回:Kayaさん
  • スペシャル・インタビュー 第189回:三島有紀子さん
  • スペシャル・インタビュー 第188回:高城れにさん
  • 料理小説『ヒトサラカオル食堂』第13話 本日のお客様への料理『ひと皿ずつの参鶏湯』
  • スペシャル・インタビュー 第187回:真島茂樹さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする