フレグラボ|日本香堂

人と香りをつなぐwebマガジン

Fraglab
  1. HOME
  2. ヒトサラカオル食堂
  3. 第15話 本日のお客様への料理『菜の花と帆立のちらし寿司』
    1. 小説
  • 第15話 本日のお客様への料理『菜の花と帆立のちらし寿司』

    1. シェア
    2. LINEで送る

🥂Glass 2

 「あの、ちょっといいかしら」

 「あら。凛花ちゃんのおかあさん!」

 幸は驚いて、扉の前まで駆け寄った。

「どうぞお入りください。さっき、凛花ちゃんと、大城さんが…来てくれましたよ」

 矢作夫人はきまりが悪そうな表情で、水色の薄いダウンジャケットをコート掛けにかけた。hernoというタグが見えた。下は黒のトップスで、顔つきをさらにシャープにしていた。左の髪を耳にかけて、椅子に座った。

「おめでとうございます」

 幸が微笑んでお辞儀をすると、顔をそらして言った。

「あ、あの、私…、あの」

「何か、お飲み物でもいかがですか。今、美味しい白ワインを開けたんですが」

「じゃ、それいただくわ」

 幸はグラスに、サンセールを注いだ。ほんのり黄緑かかった液体が、グラスで輝いた。

「乾杯」

「乾杯」

 二人はちょっとグラスを掲げた。矢作夫人は、そのグラスに少し口をつけて両手でステムを持ち、静かにテーブルに下ろした。

「あの、私、あやまらないとと思ってるんです、あなたに」

「…」

 幸はちょっと待った。矢作夫人の言葉を。

「いろいろ、失礼なことを言って。悪かったなって…」

「…」

 何を言われたんだっけ。あ、そうそう、こんな店で娘が働くなんて許せないとか、いろいろね。… しかし、矢作夫人の口から「ごめんなさい」という言葉は聞こえてこなかった。
 幸は気づいた。ああ、この人はあやまったことがないのかもしれない。あやまれない人っているのだ。ここへこうして来てくれたことが、あやまっているということなんだ。それでいい。十分、十分。
 空気を変えよう。

「ずっとお料理されていたんでしょう。何か作りましょうか」

「え」

 矢作夫人は思い出した。自分はすっかり何も食べていなかったことを。

  1. 2/3

最新記事

  • スパイスとお香の香りが混じり合う、モロッコに根を下ろして。
  • 第7回:熊谷直久さん・畑元章さん・小仲正克社長
  • スペシャル・インタビュー 第198回:松尾貴史さん
  • スペシャル・インタビュー 第197回:小谷実由さん
  • 第6回:中原慎一郎さん・小仲正克社長
  • スペシャル・インタビュー 第196回:藤田朋子さん

スペシャルムービー

  • 花風PLATINA
    Blue Rose
    (ブルーローズ)

  • 日本香堂公式
    お香の楽しみ方

  • 日本香堂公式
    製品へのこだわり

フレグラボ公式Xを
フォローする