1. HOME
  2. 気分で選ぶ!香りの活用法
  3. 元気になりたいときには ― オレンジ・ベルガモット
元気になりたいときには ― オレンジ・ベルガモット
    1. 知識
  • 元気になりたいときには ― オレンジ・ベルガモット

    1. LINEで送る

どんな香りの印象?

オレンジは特に、私たちの生活にとても身近です。そのフレッシュさと甘さを持ち合わせた独特な香りは女性からとても人気が高いのです。そんなオレンジの香りの印象は太陽のように明るく暖かいイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?
ベルガモットはオレンジなどと同じ、柑橘系の一種です。しっかりとした香り立ちで、エレガントさや上品さを持ち合わせた印象の香りです。
香りを嗅ぐと、気分をすっきりさせ、落ち着きをもたらすとともに、気持ちを明るく前向きにしてくれるので、リラックス&リチャージがおすすめです。軽すぎない爽やかさで、朝の玄関で元気を出したいときに嗅ぐのもよし、夜に疲れを癒すために嗅ぐのもよしの香りです。

使うシーンや季節

柑橘系の香りは一年中使える香りではありますが、夏の暑い季節は空気も重くこもった印象になりがちなどで特にこれからの季節にはぴったりと言えます。好き嫌いが少なく、多くの人が集まる場所でもみんなが心地よく、かつ元気な気持ちにしてくれます。日々の生活の中にうまく取り入れてみてください。

オレンジ・ベルガモットの利用方法

心への作用

・オレンジ
オレンジの香りにはリラックスし、エネルギーの循環を促す作用があります。最近は新生活が始まってきてだんだん慣れてきたこともあり、疲れが出てきたという人も少なくないと思います。そんなときエネルギーが滞ってしまっています。オレンジは、考え方に柔軟性を与え、楽観性と楽しむ感情を与えてくれます。

・ベルガモット
柑橘系の香りの成分は、7割~9割がリモネンで占められていますが、ベルガモットは異なる成分を多くもつため、香りもフレッシュなだけでなく、落ち着きをもった香りとなっています。また、抗ストレス作用にも優れており、憂鬱な気分のとき、イライラしたときにも、心をゆっくりほぐし元気な気持ちにさせてくれます。

身体への作用

・オレンジ
オレンジには不眠を解消する効果があります。ストレスを和らげ、さらにリラックスさせてくれます。そうすることでストレス性の不眠から安眠へと導いてくれるというわけです。 さらに肌の調子を整える効果も期待できるので、脂性肌でニキビの毛穴の広がりが気になるときなどは収れん作用のある製油とブレンドしてローションとして使用することも良いといわれています。

・ベルガモット
ベルガモットは消化器系の不調を改善してくれます。特に、ストレスなどからくる消化不良などのトラブルにおすすめです。さらに肌への影響としては、抗菌作用により、にきびや吹き出物の症状を改善してくれる効果もあります。こちらも、同様にストレスによる肌トラブルに効果的ですので、イライラしてストレスを感じた心、身体に使ってピッタリの香りと言えます。

  1. 1/2

先週の人気記事

スペシャルムービー

最新記事

  • モヤモヤしている時 ― ラベンダー・ネロリ

    更新日:2020年05月26日

  • 香りとAI、どう融合する?

    更新日:2020年5月22日

  • スペシャル・インタビュー 第76回:今道しげみさん

    更新日:2020年5月21日

  • 『香草子』その5「父と旅する」

    更新日:2020年5月13日

  • スペシャル・インタビュー 第75回:戸賀敬城さん

    更新日:2020年5月1日

  • 弱気になっている時 ― ローズマリー・フランキンセンス

    更新日:2020年04月30日

  • 『香草子』その4「白い蛇のいる家」

    更新日:2020年4月24日

  • 頑張りすぎた目の疲れに、癒しのアロマ

    更新日:2020年4月23日