1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. 第2話 『有紗の事情』
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    第2話 『有紗の事情』

《3》

 あれから3年ぐらい、いわゆる不倫状態だった。そのうち、勝瀬は友人から東京に店を出さないかという話を持ちかけられ、有紗と一緒に上京することを決めた。
 二人は世田谷区の三軒茶屋で同棲しながら、池尻でビストロをやることになったのだった。
 店は2人席が2つと窓際の4人席がひとつ。あとはカウンターに6席。2人でやるには十分忙しいが、人を雇うほどでもなかった。
 オープン当初は裏道でもあり、なかなか大変だったが、神戸の老舗フレンチ仕込みという勝瀬の料理は、やがて少しずつ客を集め、5年近く経った今では、このあたりの人気店として定着している。

 19時を2〜3分過ぎたところで、殿村未知と内畠麻貴がやってきた。

「こんばんは~」
「わー、可愛い店ですね」

 未知はブルーのポロシャツっぽいトップスに、ネイビーの細いパンツ。コーチのモノグラムのバッグを肩にかけ、さらに紙袋をもっていた。麻貴はくすんだミントグリーンのトップスに白いスカートといういでたちで、茶色い紙袋から籠につくったひまわりの花を取り出した。

「これ、作ってきました」
「わ、うれしい。すごいきれい」

 有紗はぱっと顔を輝かせ、うやうやしく籠を手に取ると、カウンターの真ん中に置いた。未知は「あ、私、手ぶらですみません」と、もじもじした。

「いいんですよ、うちは店だから… 座って座って」

 黄色いクロスの敷かれたテーブルに二人が座ると、有紗もエプロンをはずして、カウンターの隅に置き、歌うように言った。
「あとは、タミーさんね」
 未知はまだ店のなかを珍しそうに見渡しながら言った。
「あの人、編集長なんですよね。忙しそうですね」
「忙しいと思う。時々、店に雑誌の人が来るけど、みんな忙しそうだもん」
「どんな仕事なんでしょうね」
「ねえ。聞いてみよう」
 ところが、鍵崎多美子は20分経っても現れなかった。
「あ、LINEが来てる。半ぐらいになるみたい。飲んでてください、って」
 麻貴が言うと、有紗は用意してあったシャンパングラスを運んできた。

  1. 3/4

先週の人気記事

最新記事

  • ほんのり甘く、女性にうれしいアロマ‐クラリセージ

    更新日:2018年9月6日

  • スペシャル・インタビュー 第28回 松浦俊夫さん

    更新日:2018年8月31日

  • 長編小説第12話

    更新日:2018年8月28日

  • 多方面に万能!スッキリ爽快な香り-ユーカリ

    更新日:2018年8月1日

  • スペシャル・インタビュー 第27回 芳本美代子さん

    更新日:2018年7月27日

  • スペシャル・インタビュー 第26回 宮尾俊太郎さん

    更新日:2018年7月25日