1. HOME
  2. 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
  3. 第9話 『未知のお見合い』
    1. 特集
  • 連載長編小説『4 LOVE NOTES』
    第9話 『未知のお見合い』

《4》

キャピタルホテルの「オリガミ」は、広かった。土曜日だというのに、スーツ姿の人がたくさんいた。もちろん、誰もがお見合いというわけではない。

「殿村さーん」

立ち上がって、手を振っていたのは、事もあろうに楺井部長だった。その横に、メガネをかけたぼさぼさ頭の小柄で顎の細い男が座っていた。

「なんか、かわいいじゃん」

楺井は未知の首から下を見て言った。未知は新しいワンピースを着てきたことを、激しく後悔した。何よりも「この見合いに期待している」と思われるのが嫌だった。

満足げに頷きながら、楺井は言った。

「まあ、あとはお二人で。僕はここまでの約束だから」

「えっ」

それも困る、と未知は焦った。初対面の男性と、それも専務の息子と、何を話せばいいのか。

「高井…のぞみと言います。希望と書いて、のぞみ、です」

「え… ひょっとして1992年生まれですか」

「そうです。3月21日生まれです。新幹線ののぞみができて、一週間後だったらしくて」

「へえ」

高井専務の鉄男ぶりに、未知はちょっと笑った。が、笑ってはいけないと唇を横に引いて固めた。

「いやー、なんか話合いそうですねえ。よかったよかった。じゃ、よろしく」

小さな黒いポーチをもち、一層おなかが強調されているニット姿の楺井はよいしょとソファーから立ち上がって、伝票をもって出ていった。

沈黙が少しあった。未知はそうそう、と思い出した。

「私は殿村未知です。未来の未に、知るの知」

「あ… はい」

相手は5つも年下だ。なぜこんなお見合いが仕向けられたのだろう。でも年下なのだから、この場としては自分がリードしなくてはならないのではないか、と未知は気負った。

「あの、希望さんも、鉄道がお好きなんですか」

「いや、まあ。どちらかといえば、景色ですね。あちこち、写真を撮りに行ったりはするんですけれど」

「へえ…」

話が終わってしまった。いやいや、聞かねば、と未知は思った。

「最近、どこへいらっしゃったのですか」

「最近ですか。最近は…⚫︎✖▲」

「え」

聞こえなかった。希望は声が小さいのだ。未知は迷ったが聞き返した。すると、今度は少しだけ大きい声で、こんな答えが返ってきた。

「嵐電。京都です。夜、鳴滝から桜のライトアップをするのがすごくきれいで」

「桜… おひとりで」

「いえ、彼女と」

「は?」

未知は驚いて大きな声を出した。何それ?、と突っ込みたいところだった。なぜ彼女のいる人が見合いに来るのだ。希望は続けた。

「去年の今頃の話です。別れたんです。それで別れてしまって、もうどこに行くのも嫌になってしまって」

「… そうでしたか。変な事聞いてごめんなさい」

「いえ、いいんです。立ち直らないといけないですから。両親にまで、心配をかけてしまって」

「どこにも行きたくないって、会社とかは」

「僕、職人なんです。靴を作ってます。まあ、作ってる間は、無心になれるっていうか。まあ…」

「そうなんですか」

未知はちょっと希望のことが気の毒になった。自分も、18歳の夏、好きだった田沼耕を失った。まあ、彼は突然、事故で死んでしまったのだけれど。

でも失恋って、どんな形でも、相手が突然死んでしまうのと同じだ。

突然、いなくなってしまうのだもの。

そんなことをぼんやり思い巡らしていると、ウエイトレスが立っていた。

「ご注文は」

「あ、あの、ハーブティーはありますか」

「レモングラスとカモミール、ミントがございますが」

「ミント・ティーでお願いします」

すると、希望がちょっと微笑んだように言った。

「あ、同じだ」

耕もミントが好きだった。そんなことを突然思い出して、未知はなんとなくかすかな運命のようなものを感じた。

お互いに、好きだった人を忘れるために、時々会ってもいいかもしれない。そんなことすら、思えてきたのだった。

To be continued…

★この物語はフィクションであり、実在する会社、事象、人物などとは一切関係がありません。

  1. 4/4

作者プロフィール

森 綾 Aya mori
https://moriaya.jimdo.com/
大阪府生まれ。神戸女学院大学卒業。
スポニチ大阪文化部記者、FM802編成部を経てライターに。 92年以来、音楽誌、女性誌、新聞、ウエブなど幅広く著述、著名人のべ2000人以上のインタビュー歴をもつ。
著書などはこちら

挿絵プロフィール

オオノ・マユミ mayumi oono
https://o-ono.jp
1975年東京都生まれ、セツ・モードセミナー卒業。
出版社を経て、フリーランスのイラストレーターに。 主な仕事に『マルイチ』(森綾著 マガジンハウス)、『「そこそこ」でいきましょう』(岸本葉子著 中央公論新社)、『PIECE OF CAKE CARD』(かみの工作所)ほか
書籍を中心に活動中。

  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • レーヴ ブラン
  • アンミング
  • アロマベラ マッサージオイル

オススメ記事

先週の人気記事

最新記事

  • スペシャル・インタビュー 第34回 滝ともはるさん

    更新日:2018年11月8日

  • 太りやすいこの時期に!ダイエットに役立つアロマ

    更新日:2018年11月7日

  • スペシャル・インタビュー 第33回 大野えりさん

    更新日:2018年10月29日

  • 幅広く活躍するフレッシュな香りレモングラス

    更新日:2018年10月17日

  • ハロウィンの魔除けにはアロマが使われていた!?

    更新日:2018年10月12日

  • スペシャル・インタビュー 第32回 曽我廼家八十吉さん

    更新日:2018年10月9日

  • スペシャル・インタビュー 第31回 Moecoさん(松下萌子さん)

    更新日:2018年10月5日