1. HOME
  2. スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
  3. 第12回:鶴田真由さん
    1. 特集
  • スペシャルインタビュー「今、かぐわしき人々」
    第12回:鶴田真由さん

《3》「香」は感覚を開くスィッチ

3

「香」の歴史も、まさに流れ流れて辿り着いたもの。日本での「香」の始まりは淡路島に香木が流れ着き、燃やしてみたらあたりがなんともいえない芳香に包まれたことからと言われています。日本香堂の白井雅広さんから、東大寺正倉院にある歴史的な香木「蘭奢待」(らんじゃたい)の話を聞いた鶴田さんは「香りを確かめてみたいですね」と興味をもった様子。

「私はずっと香には興味があり、伊達晟聴先生の香道の会に出席させていただいたことがあります。香道にも色々な流派があるようですが、伊達先生の会は、香を聴いて、そこで感じたこと、見えたことを言葉にするというものです。出席者の想像力が広がって、感性豊かな素晴らしい会でした」

鶴田さんは伽羅の香りが特にお気に入り。

「体調や環境で好きな香りは変わりますね。でも総じて、香というものは五感を通して第六感までもつつくような効能があるように感じます。」

鶴田さんが香を聴いたときにはどんな風景が見え、言葉が語られるのでしょうか。それを聴く時間も、凝縮された旅のようなものなのかもしれません。

本の紹介

『神社めぐりをしていたらエルサレムに立っていた』
鶴田真由 著 / 幻冬舎刊

3

前作『ニッポン西遊記 古事記編』では、女優・鶴田真由が、古事記ゆかりの土地をめぐり、あちこちの場所で経験したさまざまな不思議なできごとを綴りました。以来、古事記をたどる旅を続けていた鶴田さんですが、その中でいろんな研究者たちに出会い、たびたび「エルサレム」という言葉を聞くようになります。そして、「古事記」と「聖書」が、驚くべき縁でつながっていることを知るのです。まるで神様に導かれるがごとく、海をわたり、エルサレムへ向かいます――。軽やかな筆致で綴られた、不思議で楽しい旅エッセイ。

  1. 2/2

鶴田真由(つるた・まゆ) プロフィール

神奈川県生まれ。1988年「あぶない少年II」で女優デビュー後、数々の映画、ドラマ、舞台で女優として活躍。その一方、旅をもとにしたドキュメンタリーの仕事も多く、世界の秘境と言われる場所にも多く訪れている。写真集、エッセイも多数。
現在、映画「マザーレイク」が公開中ほか、「じんじん~其の二~」「ゆらり」「DESTINY鎌倉ものがたり」が公開を控えている。
また、写真展「鶴田真由×小林紀晴『Silence of India』」がニコンプラザにて開催(新宿9月26日~10月16日、大阪10月26日~11月8日)。写真集も同時発売予定。
http://tsurutamayu.com/


取材・文 森 綾
https://moriaya.jimdo.com/
大阪府生まれ。神戸女学院大学卒業。
スポニチ大阪文化部記者、FM802編成部を経てライターに。 92年以来、音楽誌、女性誌、新聞、ウエブなど幅広く著述、著名人のべ2000人以上のインタビュー歴をもつ。
著書などはこちら

撮影 ヒダキトモコ
https://hidaki.weebly.com


2017.5.8 written by 森綾
  1. LINEで送る

この記事の関連商品

  • 伽羅、沈香の香り
  • 古都を散策
  • 花の花

オススメ記事

  • スペシャルインタビュー第9回
  • スペシャルインタビュー第10回
  • スペシャルインタビュー第11回

先週の人気記事

最新記事

  • ほんのり甘く、女性にうれしいアロマ‐クラリセージ

    更新日:2018年9月6日

  • スペシャル・インタビュー 第28回 松浦俊夫さん

    更新日:2018年8月31日

  • 長編小説第12話

    更新日:2018年8月28日

  • 多方面に万能!スッキリ爽快な香り-ユーカリ

    更新日:2018年8月1日

  • スペシャル・インタビュー 第27回 芳本美代子さん

    更新日:2018年7月27日

  • スペシャル・インタビュー 第26回 宮尾俊太郎さん

    更新日:2018年7月25日